矢島舞美 女優転身後初の写真集発売「今の私だから出せるものを表現」

 昨年6月にアイドルグループ「℃-ute」解散後、女優に転身した矢島舞美(26)が10日に写真集「瞬き」を発売する。

 矢島は現在、作家の大杉梢氏原作小説をドラマ化した作品「プリティが多すぎる」(日本テレビ系)に出演中。主演舞台も多く務めるなど、女優として着実にステップアップしている。写真集「瞬き」は自身にとっては約2年ぶり。女優転身後は初となる。

 矢島は「もう写真集を出すことはないと思っていたので、またこういう機会を得ることができ、大変うれしく思っています」と写真集出版の喜びを語る。

 ロケ地のハワイでは“天国の海”と絶賛されるスポットであるオアフ島のカネオヘ湾沖で撮影した。

「より自然体で今の私だから出せるものを表現したいと挑みました。何年後かにこの作品を見返して、女優として歩きだした今の気持ちを思い出したい…。そんなすてきな作品になっています。ぜひ楽しんでください」とコメントした。

 なお10日は大阪、名古屋、東京で発売記念イベント(10時~大阪・蔦屋戎橋店、13時30分~名古屋・星野書店 近鉄パッセ店、19時~秋葉原・書泉ブックタワー)が行われる。

【関連記事】

  • 今田美桜が初写真集「どうなるんだろうというドキドキ感があった」
  • 「欅坂46」初のグループ写真集リリース“最初で最後”の1期生21人全員参加
  • 久松郁実 自身初LAでランジェリー姿を大胆披露
  • 夢アド・京佳 2nd写真集でF乳揺れるランジェリーショットに初挑戦
  • 矢島舞美 、 日本テレビ系 、 近鉄パッセ を調べる
東スポWeb