エマ・ストーンら三女優が演技合戦『女王陛下のお気に入り』予告公開

映画『女王陛下のお気に入り』メインビジュアル

 第75回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)と主演女優賞をダブル受賞した映画『女王陛下のお気に入り』の予告編が解禁。豪華絢爛な英国王室を舞台に、実力派女優のオリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンの3人が繰り広げる演技合戦の一端を垣間見ることができるものとなっている。

【写真】『女王陛下のお気に入り』フォトギャラリー

 本作は、美しい宮廷を舞台に、3人の女たちの刺激に満ちたドラマティックな関係性を描くドラマ。監督は『ロブスター』でカンヌ映画祭審査員賞、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でカンヌ映画祭脚本賞を受賞したヨルゴス・ランティモス。主人公の女王アンを演じたオリヴィアは、第75回ベネチア国際映画祭で主演女優賞を獲得している。

 18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。虚弱な女王・アン(オリヴィア)が王位にあり、アンの幼なじみで強気な公爵夫人レディ・サラ(レイチェル)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力をふるっていた。そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ)が召使いとして参内し、その魅力が周囲を引きつける。レディ・サラはアビゲイルを支配下に置く一方、アビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺う。戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた…。

 予告編は、豪華な宮殿が映し出された後、気まぐれな女王アンとレディ・サラの、二人の関係性をうかがわせる会話劇から始まる。次いで没落した貴族の娘・アビゲイルが現われると3人の女たちの演技合戦がヒートアップ。女王アンを魅了していくアビゲイルを疎ましく思い追い出そうとするレディ・サラ、「黙って潰されはしない」と数々の試練に立ち向かうアビゲイル、そんな二人の間で「女王って楽しいわ」と笑うアン。三人の女達の挑発的なやりとりが繰り広げられ、最後に「ごめんあそばせ、宮廷では良心は不要よ」という言葉で締めくくられる。

 『女王陛下のお気に入り』は2019年2月全国公開。

【関連記事】

  • 【動画】『女王陛下のお気に入り』予告編
  • 【写真】「エマ・ストーン」フォトギャラリー
  • 【写真】「レイチェル・ワイズ」フォトギャラリー
  • 『聖なる鹿殺し』監督最新作『THE FAVOURITE』、海外版ポスター公開
  • ニコラス・ホルト、ヨルゴス・ランティモス監督の新作でエマ・ストーンと共演
女王陛下