58歳でも美貌保つ 黒木瞳“たそがれ知らず”のシンプル生活

黒木瞳(C)日刊ゲンダイ

 ドラマ「黄昏流星群」(フジテレビ系)が善戦している。わずかだが、ここへきて視聴率が回復傾向にあるのだ。

 疲れ切った中年男女の不倫を中心に夫婦間、家族間の人間関係を描くというありきたりな設定に既視感が強く、スタート直後は低空飛行だった。また、主人公の瀧沢役(佐々木蔵之介)の“スイス旅行”の映像が全編CGとスタジオセットだったり、低予算のドラマ自体の“たそがれ感”が話題になってしまった。

 そんなドラマを牽引しているのが瀧沢の不倫相手を演じる黒木瞳。瀧沢が銀行に命じられた出向先の社員食堂で働く女性の設定で、“老いた母親の介護に疲れた43歳の独身”という役柄なのだが、疲れた感じはみじんもない。正直、43歳よりも若くてキラキラして見える。その黒木瞳の実年齢は58歳。共演中で48歳の中山美穂より若く見えるくらいだ。

 恋愛を糧にして輝き続ける女優は多いが、黒木の場合はちょっと違う。むしろ、その真逆の生き方を重ねている。

 女優として脂の乗った1991年に突如、電通社員の男性と結婚。98年に第1子となる女児を出産した。以来、たまに週刊誌などで目にするプライベートの話は家族に関することばかり。

「家族でディズニーランドへ行ったり、娘をバレエ教室に送り迎えする姿などが報じられ、そのたびに娘への“溺愛”ぶりが話題になりました。その娘が中学生の時の2012年に学校でトラブルを起こしたことが週刊誌で大きく報じられてバッシングを受けます。しかし、彼女はその問題には一切、反応しませんでした。そのトラブルがきっかけで娘が転校したとか、海外の学校に逃亡したとか噂が流れましたが、3年ほど前にも、その学校や塾へ熱心に送り迎えをする黒木の姿が目撃されています」(週刊誌記者)

 9月30日のドラマ制作発表会見では、ドラマの内容に絡めて自身がしてみたい“運命の出会い”についての質問が飛んだ。演者がそれぞれの理想を発表する中、黒木は、「運命的な出会いはできればしたくないですね。失礼しました(笑い)」と笑いながらけむに巻いた。

 そういえば、かつてテレビ番組で、美容についてその秘訣を聞かれた時、黒木は、何十年も水で洗顔していないと語っている。そして、休日は何にもせず、スッピンのまま、顔を一切触らず、見ることもしないと告白。ショーウインドーに映る自分の顔をチラ見すらせず、一日を過ごすという。

「彼女は仕事と家族、そして、それ以外の時間の全てを自己管理に充てるというシンプルな生活を徹底しています。ブレがなく、何十年もそのペースを乱さない。そこに女優としての覚悟を感じるし、だからこそ、不老不死のような美貌を維持できるのでしょう」(芸能ライターの弘世一紀氏)

 黒木瞳がたそがれることはしばらくなさそうだ。

【関連記事】

  • 仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判
  • 華原朋美が激太りでピンチ…チケット売れない危うい現在地
  • アイドル時代から不変 中山美穂“熱愛醜聞”への鉄壁防御力
  • マツコは“最強広報マン” キムタク&有働アナに愛ある毒舌
  • 熊田曜子、杏、大沢あかね…“子だくさんママタレ”が急増中
58歳