中島健人「変顔のレシピ増えました」 主演映画でのファンの爆笑を約束

映画『ニセコイ』スペシャルステージにて

 Sexy Zoneの中島健人と女優の中条あやみが8日、都内で行われた映画『ニセコイ』完成披露スペシャルステージに登壇。中島は劇中で披露している変顔について「レシピが増えました」と努力の成果を語った。

【写真】映画『ニセコイ』完成披露スペシャルステージの模様

 古味直志による同名コミックを基にする本作は、極道組織のひとり息子である一条楽(中島)と、アメリカのギャング組織のひとり娘である桐崎千棘(中条)が、組織同士の抗争を止めるため、恋人のフリをすることになってしまうというラブコメディ。メガホンを取ったのは『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の河合勇人監督。イベントにはそのほか、池間夏海、島崎遥香、King & Princeの岸優太、DAIGOが登壇した。

 本作において、変顔を披露するシーンがかなり多かったという中島。おかげで「変顔のレシピが増えました」とのことで「本当はファンの方たちには見せたくなかったんですけど、『ニセコイ』では見せます。そこは気合いが入ってるから、映画館で声出して爆笑しちゃうと思う。皆さん、おしとやかに観たいと思うんですけど、すいません。『ニセコイ』はそうはいきません」と、映画にかけた意気込みを語った。

 一方、暴力的で口が悪い千棘役を演じた中条は「普段から“ガサツ女”と言われることが多い」と意外な一面を披露。大阪出身とのことで「監督も以前、ご一緒したことがあった方で、私が大阪出身というのを知っていたので。『中条さんの大阪感を全開にすれば千棘になる』と(言われた)」とコメント。

 ちなみに中島によれば、中条のイメージは「握力の強い女性」。「胸ぐらをつかまれるシーンが結構あるんですけど、これまで胸ぐらをつかまれたことがなかったので。人生で初めて僕の胸ぐらをつかんだ方です」と語り、会場の笑いを誘った。

 また、デビュー後初の映画がこの『ニセコイ』となる岸は「健人くんとは前作(映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』)もご一緒させていただいてて。なんか運命を感じてるのは俺だけですか?」と、先輩・中島に熱烈なラブコール。撮影中、岸の要望に応じて2人は食事に行ったほか、温泉にも入ったのだとか。温泉の中では岸いわく「この先の夢の話だったり、どうなりたいかというガチな話」をしたという。ただ、中島は「裸でデビュー曲を歌っていただきました(笑)」と当時を振り返り、会場は笑いに包まれていた。

 映画『ニセコイ』は12月21日より全国公開。

【関連記事】

  • 【写真】映画『ニセコイ』フォトギャラリー
  • 【写真】「中条あやみ」フォトギャラリー
  • 【写真】中島健人も登場した『24時間テレビ41 愛は地球を救う』制作発表会見の様子
  • 【写真】AKB48時代の島崎遥香
  • 中島健人×中条あやみ『ニセコイ』原作者絶賛の全キャラビジュアル解禁
中島健人