週刊文春が日テレ「イッテQ!」の見解に反論「セット設営、金銭支払いの証言を得ています」

 日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」に“ヤラセ”疑惑があったと報じた週刊文春編集部は8日、日本テレビが記事に対して見解を発表したことを受けてコメントを出した。

 日本テレビは問題とされた「橋祭り in ラオス」(5月20日放送)について「セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と報道を否定した。

 週刊文春編集部のコメントは以下の通り。

 日本テレビが発表した見解によれば、「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」とのことです。

 しかし、「イッテQ!」のエンドロールに、「海外コーディネーション」としてクレジットされているM社の社長は、「週刊文春」の取材に対し、ラオス「橋祭り」を自ら企画したことを認めています。また、タイ人スタッフから、セットの設営はM社からの依頼によるものだとの証言を得ています。さらに、「賞金」についても、M社社長は参加者の少年たちへの「協力費」名目で金銭の支払いを認めており、少年たちからは「賞金」や自転車などを受け取ったとの証言を得ています。

 したがって、番組で放送されたラオス「橋祭り」が、これまでラオス・ビエンチャンの同地で開催されたことはなく、「イッテQ!」放送のために、番組サイドが企画、セットの設置にかかわって作られたものであることは、11月8日発売号の記事で報じた通りと考えています。

【関連記事】

  • 日テレ「イッテQ!」のヤラセ否定「意訳してネーミング」祭り企画は続行
  • 「イッテQ!」ヤラセ疑惑をフジテレビが40分にわたり徹底追及 安藤優子「ちょっと無理があった」
  • ウッチャンに3年先の番組企画書!テレビ局の変化表す「マセキ担」設置
  • ベッキー不倫騒動「イッテQ」でも占われていた
  • 世界の果てまでイッテQ 、 日本テレビ 、 週刊文春 を調べる
セット設営