Netflix、「パシフィック・リム」「虫籠のカガステル」など新作アニメ5作品を発表 シンガポール開催のアジア向け大型イベントで

コンテンツアクイジション・アニメディレクターの沖浦泰斗さんが登壇

 動画配信サービス「Netflix」はシンガポールで開催されたコンテンツラインアップ紹介イベント「See What's Next: Asia」にて、Netflix製作の新作アニメ5作品「パシフィック・リム」「オルタード・カーボン」「虫籠のカガステル」「YASUKE(原題)」「TRESE」を発表しました。

「虫籠のカガステル」の場面写

 この内「オルタード・カーボン」は長編アニメ映画に、その他の作品はアニメシリーズ作品になるとのこと。いずれも詳しい配信時期は不明です。

 「虫籠のカガステル」は橋本花鳥さんによる同名漫画が原作。もともと作者の個人サイトで人気を博したWeb漫画で、2013年に完結後、日本に先駆け2014年にフランスで初の商業書籍化を果たしました。その後2016年からは国内でも単行本化。全7巻がリュウコミックス(徳間書店)から発売されています。アニメ版はGONZOが制作を手掛け、千明孝一さんが監督を務めます。 

 今回発表された新作は、フランスで出版・受賞歴のある「虫籠のカガステル」をはじめ、ハリウッド映画が原作の「パシフィック・リム」、日本のアニメ制作会社MAPPAと米アニメ監督ルショーン・トーマスさんがタッグを組んだ「YASUKE」など、いずれも国内外の展開を見据えた企画という印象。これらの作品がどのように受け止められていくのか、配信が待ち遠しいところです。

 各作品について公開されているあらすじやスタッフは以下の通り。

アニメシリーズ「パシフィック・リム」

・概要
再び始まる、KAIJUとイェーガーの壮大な戦い。実写映画版1、2作目をベースに繰り広げられます。失踪した両親を探すべく、敵陣で錆びれたイェーガーを操縦することを余儀なくされた10代の少年と妹を中心に描きます。
・スタッフ
共同製作: クレイグ・カイル (「マイティ・ソー バトルロイヤル」) 、グレッグ・ジョンソン (「X-MEN: エボリューション」)
製作会社: レジェンダリー・エンターテインメント (「キングコング: 髑髏島の巨神」「名探偵ピカチュウ」)

次ページは:アニメシリーズ「虫籠のカガステル」

1/2ページ

【関連記事】

  • 「一般アニメの製作費の数十倍」はホント? Netflixはアニメ制作会社にとっての“黒船”になるのか 担当者に聞いた
  • ヤクルトがNetflix効果で海外で爆売れ!? ヤクルト広報「話題になってるのは把握してます」
  • Netflixが150円~350円値上げ スタンダードプランは950円→1200円に
  • NetflixがProduction I.G、ボンズと包括的業務提携 アニメを共同制作、世界配信へ
  • フジテレビ、「ノイタミナ」以来14年ぶりに大型深夜アニメ枠「+Ultra」を立ち上げ “破格な製作費”で世界に通ずる作品を目指す
虫籠