おっこが自分で気付き、成長していく過程が大事 「若おかみは小学生!」脚本・吉田玲子インタビュー

若おかみ修行をする中で成長していく主人公・おっこ

 交通事故で両親を亡くした小学生の女の子・おっこ(関織子)が、祖母の温泉旅館「春の屋」で若おかみ修行に励み、成長・自立していく。アニメーション映画「若おかみは小学生!」(以下、若おかみ)は、そのかわいらしいタイトルとは裏腹にハードかつハートフルな物語で、9月21日の公開以降、劇場を訪れた多くの観客の涙を誘っています。

【画像】映画で一躍人気キャラとなったグローリー・水領(他5枚)

 公開直後には上映を打ち切る劇場が出てくるなど苦戦を強いられましたが、熱心なファンを中心に映画の感想や、主人公のおっこやグローリー・水領といった人気キャラクターのファンアートが次々とアップされるなどSNSで口コミが拡散。反響の大きさに復活上映する映画館も出てくるなど、異例の盛り上がりを見せています。海外でも高く評価され、10月23日には韓国で開催された「第20回プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF2018)」の長編部門で、2016年の「君の名は。」以来となる優秀賞・観客賞の二冠を達成しました。

 そんな「若おかみ」の脚本を手掛けたのが、現代の日本アニメを代表する脚本家の一人である吉田玲子さん。アニメーションの脚本家としては、1994年に「ドラゴンボールZ」でデビュー。2002年にはスタジオジブリの「猫の恩返し」を担当し、2010年代に入るとテレビアニメ「けいおん!」「ガールズ&パンツァー」「のんのんびより」、劇場版アニメ「映画 聲の形」「夜明け告げるルーのうた」「リズと青い鳥」といった人気アニメを次々と手掛けるなど、アニメファンの間では知られた存在です。

 「若おかみ」後も、担当するアニメの脚本執筆に追われ多忙を極めている吉田さんですが、締め切りの合間を縫ってメールインタビューに答えていただきました。上映時間の関係でカットせざるを得なかったエピソードから、おっこを描く上で気に掛けたこと、吉田さんの作家性についてまで、貴重なお話をお届けします。

・映画「若おかみは小学生!」概要
交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(関織子)が、ユーレイのウリ坊(立売誠)やライバルの秋野真月に助けられながら、次々とやってくる変わったお客さまをもてなすために、若おかみとして毎日奮闘する様子が描かれる、笑いあり涙ありの物語。原作は、累計発行部数300万部を突破した講談社青い鳥文庫の人気シリーズ(原作:令丈ヒロ子さん/絵:亜沙美さん)。2018年には全24話でテレビアニメ化された。

次ページは:悩んだのは「亡くなった両親が夢に現れるタイミング」

1/3ページ

【関連記事】

  • 映画「若おかみは小学生!」、プチョン国際アニメーション映画祭で二冠達成! 「君の名は。」以来の快挙
  • ED後におっことウリ坊が―― 「若おかみは小学生!」トークイベント、高坂監督が追加したかった映像とは
  • 「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
  • 鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
  • なぜ大穴は理不尽がいっぱいなのか 『メイドインアビス』の作者つくしあきひと、初インタビュー
らぼ