探検家・角幡唯介の人生「2年で800万貯めて朝日新聞を辞めたあのころ」

11/8(木) 18:00配信

角幡唯介氏 ©文藝春秋

 2018年2月に上梓した 『極夜行』 で一日中太陽の昇らない北極での4ケ月の体験を綴り、「第1回Yahoo!ニュース | 本屋大賞 2018年ノンフィクション本大賞」の第1回受賞者となった角幡唯介氏。「若い頃は、探検家が物を持つのは怖いことだと思っていた」けれど「いざ家を手に入れたら心配は不要でした」という心境に至った探検家が、今まで住んできたさまざまな「家」と共に人生を振り返る。
​※ 週刊文春2018年11月1日号 「家の履歴書」より転載

◆◆◆

角幡 去年、35年ローンで鎌倉に一戸建てを買いました。若い頃は、探検家が物を持つのは怖いことだと思っていました。物理的な足かせは、行動の自由を縛る。まして家なんか買えば、大地に根を下ろしてしまう。それは、人生の自由を犠牲にすることだ。そんな感覚だったんです。

 探検の資金がなくなるのは困る、という現実的な問題もありました。長い間海外を探検するから、家は寝られればいい場所で、関心の対象外だったんですね。

 ところがいざ手に入れてみたら、そんな心配は不要でした。結婚して、子どもが生まれて、家を持った。人生に新たな事態が発生するたび、新たな局面が開けてきます。その変化が面白い、と思うようになったんです。

実家はスーパーマーケットの「スーパーカクハタ」

《ノンフィクション作家で探検家の角幡唯介さんは、1976(昭和51)年、北海道芦別市に生まれた。姉、弟、妹がいる4人きょうだい。実家はスーパーマーケットの「スーパーカクハタ」を経営していた。

 自宅は、本店の店舗と繋がっていた。3階建てで、1階が家族の住まい。2階と3階は、商品を置くスペースになっていた。》

角幡 いまは芦別市内に建てた新しい家に、両親だけが住んでいます。子どもは4人とも上京しているので、雑誌でよく特集されているように実家をこの先どうするか、我が家にとっても問題です。

 夏は野球、冬はスキーの少年時代でした。成績はよかったんですが、忘れ物が多かった。毎朝遅刻ギリギリなのに、「あっ、ランドセル忘れた」と途中で気づいて、ベソをかきながら取りに帰ることがしょっちゅうでした。

次ページは:函館ラ・サール高校3年生、一発で退寮処分に

1/6ページ

【関連記事】

  • 文明を知らないアマゾンの裸族「イゾラド」が今も探し続けているものとは
  • 角幡唯介さんが20歳の自分に読ませたい「わたしのベスト3」
  • 激しくアジアに行きたくなる、メコン川探検記――角幡唯介が『メコンを下る』を読む
  • なんでも食べちゃう2人が語る「ほんとうにスゴい辺境メシ」
  • アロワナ1匹3000万円! 絶滅危惧種ビジネスの実態とは
ころ