日テレ「イッテQ!」のヤラセ否定「意訳してネーミング」祭り企画は続行

日本テレビ

 日本テレビは8日、この日発売の週刊文春が同局のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で“ヤラセ”があったと報じた件で、文書で見解を発表した。

 問題となったのは今年5月20日に放送された「橋祭りinラオス」。この「祭り」は、4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われたと放送されたが、同誌は現地在住の日本人の「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない」との証言を紹介。さらにラオス情報文化観光省観光部副部長が「こうした自転車競技はラオスには存在しない」「日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」と話したと報じている。

 これに対し、日本テレビは「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の企画コンセプトについて「大規模で伝統的な祭りだけでなく、小さな地域で行われる様々な大会や、コンテスト、催しなども含めて、幅広く“祭り”として取り上げてまいりました」と説明。企画の決定は「番組がリサーチした世界の祭りから選ぶケースや、世界各国の現地コーディネート会社や旅行会社、イベント会社などから提案を受けて、参加するケースなど様々です」としている。祭りのネーミングは「日本でも広く知られているものもあれば、『ブタ祭り』、『人間ボウリング祭り』、今回の『橋祭り』など、現地の名称では内容が伝わりにくいものに関してより親しみを持って伝わるよう、番組でわかりやすく意訳して名前をつけているものもあります」という。

 文春は「ラオス情報文化観光省は橋祭りの存在を否定した」と報じたが、日テレは「ラオスの情報文化観光省には、番組の趣旨を十分に説明し、正式な手続きを経て当局の許可をいただき、撮影にもご協力をいただきました」と真っ向反論した。また、企画の成立についは「現地コーディネート会社から提案を受け(中略)番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と、資料映像の存在を明かした。

 ただ、今回の「地元住民も知らない橋祭り」について「コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました。この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております」と謝罪した。

 番組制作について「イッテQ!はロケの失敗や不成立に関しても、隠さず見せることで、番組をより楽しんでいただけるという姿勢で制作にのぞんでいます」としたが「今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く表現があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」と謝罪。「今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します」と企画の継続を明言。「これからも視聴者のみなさまにご支持いただける番組作りに邁進する所存です」結んだ。

【関連記事】

  • 「イッテQ!」ヤラセ疑惑をフジテレビが40分にわたり徹底追及 安藤優子「ちょっと無理があった」
  • 口利き疑惑渦中の片山さつき大臣 文春提訴は時間稼ぎか
  • 音喜多氏“文春砲”でまた都議会会派分裂 驚きのセフレ容認契約書の中身
  • 結婚秒読み・竹内アナの悩殺力 テレ朝“肉食系女子”の新ロマンス
  • 世界の果てまでイッテQ 、 ビエンチャン 、 日本テレビ を調べる
ネーミング