横領で逮捕 56歳女性がルイ・ヴィトンを2億円“爆買い”

11/7(水) 16:00配信

右が北村被告。左は不倫相手の男性

 10月11日、神戸地検特別刑事部は、300万円を着服したとして土木工事請負会社・神和商事(兵庫県三木市)元取締役、北村緑容疑者(56)を業務上横領の疑いで逮捕した。起訴された31日には金融機関から計2550万円を引き出し、着服した疑いで再逮捕。

【写真】“爆買い”されたヴィトンのバッグ

 北村被告は今年2月に離婚、犯行当時は「栄緑」の名で、同社で経理を担当していたという。神行武彦社長は週刊文春の取材に対し、「実際の被害額は3億円以上のはず」と憤る。

 横領が発覚したのは昨年12月。調査の過程で関係者が目を疑ったのは、北村被告が購入したブランド品の点数と金額だった。2003年頃から計812点、総額は実に2億円以上。

 とりわけ北村被告が愛したのはルイ・ヴィトンだった。その購入履歴からは、毎月のようにバッグや時計、服などを数十万円~数百万円単位で買っていたことが読み取れる。

 たとえば昨年9月17日にはハンドバッグ「ミラリス」117万円など8点、計176万円分を購入。その6日後にハンドバッグ「カプシーヌ」318万円など12点、計697万円。翌月21日にはダイヤをちりばめた腕時計「タンブール」298万円など14点、計507万円。タンブールは15年11月(249万円)、16年1月(313万円)、同年11月(398万円)などにも購入。中国人富裕層も顔負けの“爆買い”ぶりだ。

「彼女の月収は50万円程度。あんな買い物できる筈がない」(神和商事役員)

 また彼女は、不倫相手との逢い引き用に、一軒家まで購入していた。

 北村被告の恐るべき買い物ぶりや元夫、不倫相手のコメントなど、詳しくは11月8日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月15日号

【関連記事】

  • 【写真】回収されたヴィトンのバッグ
  • 【写真】北村被告が集めた時計の数々
  • 日テレ「イッテQ!」にラオス「橋祭り」やらせ疑惑
  • バイブ万引き、当直室の肉体関係……北海道警「隠された不祥事」の実態
  • 片山さつきにまたまた新疑惑発覚「消えた血税200万円」
ルイ・ヴィトン