加藤浩次 ゆるキャラグランプリ不正投票疑惑に「優勝なんか関係ない」開催意義に独自見解

熱く語った

 7日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、全国のご当地キャラクターが人気を競う「ゆるキャラグランプリ2018」で不正な投票が行われている疑惑を検証した。

 インターネット投票で「1日1回」などのルールはあるものの、細則は決められていない。そのため、複数のアカウントから不正な組織票が投じられている疑惑が指摘されている。

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(35)は「地元のゆるキャラを応援したいという気持ちで、いくつかのアドレスを作って投票する気持ちも分かる」とした上で、過熱する優勝争いを疑問視。

「結局1位になったとしてもくまモンみたいにゆるさだけじゃなく、しっかりした部分がないと全国的に広がらないと思う」と話した。

 また、MCの加藤浩次(49)は芸能界の例を出し「M―1グランプリで優勝したコンビ全員売れていますか? キングオブコント、優勝したコンビ全員売れていますか?『1位が売れる』っていうことでは絶対ない」と強調。

「M―1なんか、優勝しなくてもBのほうにいても売れているコンビいっぱいいますからね。そっちのほうが。そこってあんまり重要じゃない。優勝なんか関係ないと思う」と話し、本来ゆるキャラが目指すべき方向とはかけ離れた争いであることを指摘した。

 番組には暫定1位の「こにゅうどうくん」(三重県四日市市)が出演し、イベントをPRした。

【関連記事】

  • 橋本環奈イベント中止「渋谷ハロウィーンよりすごかった」
  • 加藤浩次が元日馬富士側の対応に激高「ここで言わないと男はすたる」
  • 「スッキリ」が冒頭14分間「転落イノシシ」問題を報道 視聴者からは「暇すぎかよ(笑)」の声
  • 砂防ダムのイノシシ2頭“餓死待ち”状態に加藤浩次も小倉智昭も「なぜ?」
  • 加藤浩次 、 ハリセンボン 、 ゆるキャラグランプリ を調べる
加藤浩次