8年目の大人なアプガ(仮)が“あなたとみだら?”破天荒チャレンジはまだまだ続く、全曲フルライブも開催!!

11月6日に新曲「愛愛ファイヤー!!」と「私達(with friend)」の両A面シングルをリリースするアプガにロングインタビュー!

アップアップガールズ(仮)が、11月6日(火)に24枚目となる両A面シングル「愛愛ファイヤー!!/私達(with friend)」をリリースした。アプガの愛称で知られる彼女たちは“ライブアイドル”として人気を集める、森咲樹、関根梓、佐保明梨、古川小夏、新井愛瞳の5人組グループ。

【写真を見る】11月19日に21歳の誕生日を迎える新井愛瞳。18日の誕生祭でショートカットに戻るのか?

今年は妹分のアップアップガールズ(2)、アップアップガールズ(プロレス)の活動のサポートもしつつ、ライブ、5thアルバムのリリースなど精力的に活動し、12月27日(木)にはこれまで発表してきた全80曲を一挙にフルコーラスで披露する全曲ライブの開催を控えている。

結成から8年目でも変わらず元気なアプガだが、2017年11月には仙石みなみ、佐藤綾乃がグループを卒業するという転換期もあった。アプガグループが広がっていく中、彼女たち自身はどこに向かって走っているのか。5人体制になっての活動を振り返りながら、今後の目標などを聞いた。

■ やる気じゃなくて、やらなきゃいけない8年目

――仙石さんと佐藤さんが卒業されてからちょうど1年が経ちます。5人体制になっての活動はいかがでしたか?

関根:新しい形を受け入れてもらうというのはすごく大変なことだなって、そこは素直に感じました。「2人抜けてどんな感じなの?」って見られてるのは分かるし、今まで7人で走ってきたところを急に5人になりましたっていうのは、ファンの方も受け入れるのが大変なんだなって。

――7人から5人になって、ステージ上での寂しさや違和感はありませんでしたか?

森:そういうのは特になかったんですが、位置や歌割りとか、パフォーマンス面の変更はやっぱり大変でした。この1年間、すごく神経を使いながらのステージだったなって思います。

古川:でも、もっと足りない感じが出るのかなと思っていたけど、そういうのはなかったよね? 5人の方がしっくりハマる部分もあって、案外馴染むのは早かった気はします。むしろ5人になってまだ1年なのかっていう感じもあるし。今年も色々あったし、もうとっくに2~3年経ってるのかなっていう感覚もありますね。

――確かにこの1年、(仮)の活動だけでなく、アプガグループ全体では(2)の新メンバー加入や(プロレス)のデビューもありました。

森:そうですね。この1年間、後輩が増えて、彼女たちの活動も盛んになって。周りでは卒業や解散もあったし、目まぐるしかったなって思います。でも、だからこそ私たちは変わらず楽しいライブを届けられるグループでいたいなという気持ちが強くなりました。

――チーム・負けん気で一緒だったチャオ ベッラ チンクエッティの解散もありましたが、アプガは元気ですよね。

森:ありがとうございます(笑)。

古川:7年間ずっとメンバー変わらずやってきたので、逆に8年目で新しいグループになったような新鮮な気持ちです。周りの変化に戸惑うこともありましたけど、アプガは自分たちの信じたものに突き進んでいこうと思っています。

――結成から8年目。最年少の新井さんは13歳でした。改めて振り返ってみて思うことはありますか?

新井:知らぬ間に8年経ったなっていう感じです。アプガは何周年記念みたいなことはあまりしないから、余計にそう感じるのかもしれないです。目の前のことしか見られないくらい余裕のない時もあったし、とにかくライブの本数が多いグループなので、バッタバタの8年でしたね。

佐保:衣装も自前の曲もない状態からのスタートだったから、正直8年も続くグループになるとは思わなかったんですけど、周りのアイドルグループが解散していく中でこうして継続できているのは本当に嬉しいことだなって思います。卒業した2人もですが、解散したグループの子が、「アプガは頑張ってね」って言ってくれたんです。「託したよ」みたいなことを。だから特にこの1年のステージは、5人だけど気持ちは5人だけじゃないみたいな。やる気が湧くじゃなくて、やらなきゃいけないっていう使命感に燃えています。

■ 「みだら」が気になり過ぎる森咲樹

――そんな8年目にリリースする「愛愛ファイヤー!!」と「私達(with friend)」の両A面シングル。「愛愛ファイヤー!!」はアプガらしい、ライブで盛り上がる曲ですね。

森:サビで一緒にハートを作ったり、ファンの方もすごく乗りやすい曲なので、アプガの武器になる曲が増えたなって思います。それでですね! 今回、メンバーが初めて楽曲打ち合わせに参加させていただいたんですよ。8年目にして初です(笑)。曲調や歌詞の世界観から提案させていただいて。でも、それがまたメンバーそれぞれ求めていることがバラバラだったんですよ。そういう無茶ぶりをサウンドプロデューサーのmichitomoさんがギュッとまとめてくださって、みんなの気持ちを1つにした曲を作っていただけました。

関根:だけどちょっと森ティー(森)がね(笑)。

佐保:ああ、そう! 私たち5人になってから大人っぽい曲にも挑戦していて、「愛愛ファイヤー!!」の歌詞も結構大人な世界観なんですよ。そういうリクエストもあって、歌詞が出来上がった時は「いいよね、この感じ!」って盛り上がっていたら、森ティーがサビの「あなたとみだら」を指して、「この歌詞は大丈夫?」って急に言い出して。

古川:「ダレクト過ぎない? ストレート過ぎない?」って、すごく気にしだして。

森:「LOVEマシーン」の歌詞にもありますけど、アプガが急に「みだら」とか歌って大丈夫なのかなって心配になっちゃったんですよ。

古川:でも、リクエストした張本人なんですよ。

新井:大人っぽい歌詞が欲しいって一番言ってたのに、「ここで否定する? この言葉はダメなんだ?」って(苦笑)。

森:いやあ、すごく気になってしまって。でも全然大丈夫でした。良い感じです(笑)。

■ THE イナズマ戦隊楽曲提供の「私達」

――もう1曲の「私達」。こちらはTHE イナズマ戦隊からの楽曲提供で、イナ戦らしいスタンダードなバンドサウンドだと思いました。楽曲テーマが「愛と感謝」とのことですが、その意味は?

森:さっきの話に戻りますが、アプガを結成して8年目。解散していくグループも多いですけど、「私たちはまだまだ突っ走っていくぞ!」っていう強い気持ちであったり、そんな私たちにくれるファンの方々の愛に対しての「ありがとう」であったり。「私達」はそういうアプガの気合いと、ファンへの感謝を伝えたいという曲なんです。作詞はイナ戦さんボーカルの上中丈弥さんなんですが、「40代のバンドマンが書いた歌詞も当てはまるって、アプガってすげーな!」って言ってくださって、すごく嬉しかったです。そういう雑草魂が詰まった1曲で、イナ戦さんとのセッションも楽しかったですね。レコーディングにも参加してくださって、贅沢な音作りでした。

――このコラボはどういうきっかけから始まったんですか?

新井:イナ戦さんとは以前からツーマンライブをさせていただいていて、「曲書いてください!」ってずっとお願いしてたんです。私たち自身、イナ戦さんのライブが大好きで、泥臭さというか、雑草魂のような強さ、熱さにすごく引かれていて。今回、念願叶っての楽曲提供で、本当に嬉しいです。

――そんなイナ戦とのレコーディングをした感想は?

森:すっごい楽しかったです!

新井:楽器だけでなく、丈弥さんにハモリとコーラスまで入れていただいて。

古川:みんなで1つのマイクを囲って歌ったりして、曲に気持ちが入っていく感じはたまらなかったですね。みんなで作ったという思いが強く、これからも大切に歌っていきたい曲です。

――新曲衣装は関根さんプロデュースということですが、どういうコンセプトか教えていただけますか?

関根:今回は強い女性をテーマにしています。衣装でも今の私たちらしさを出していこうと、“強さ・戦い・クール”を表現しました。その中でメンバーカラーを発信するために分かりやすく全身を使い、大人なアクセントとして黒を入れています。一番のポイントはマントの柄です。格好良さと美しさを兼ね備えたデザインになっていますので、大人なアプガを感じていただければ嬉しいです。以上、衣装解説=関根梓でした。

4人:イエイ!!

■ 気合いみなぎる全曲フルライブ

――12月27日(木)、この2曲を含めてアプガ全曲(80曲)ライブを行いますが、どんなライブにしたいですか?

新井:3部構成の長時間ライブなので、まずは全員無事に、怪我なくやり切りたいです。

森:7人の時に富士山山頂ライブや陸の孤島ライブとか、ちょっと頭おかしいよって言われるような破天荒なチャレンジをしてきたんですが、5人になってからはまだそういうことをしていないんですよね。だから、この全曲ライブにはすごく気合いがみなぎってます。

――80曲はセットリストを考えるのも大変そうですね。アプガらしい挑戦としては、他にどんなことをしてみたいですか?

関根:新しいわけではないんですけど、また武道館(東京・日本武道館)に立って、その時には絶対に満員にするぞっていうのはよく話をしてます。7人の時は埋められなかったから、目標というかリベンジですね。

古川:あとは、47都道府県ライブをまたやりたいなって思います。前回は1年掛けて日本中を回って、正直大変だったんですけど、それと同時に全国のファンの下へ行けて、やって良かったという気持ちも大きかったんです。だから、5人のアプガでまた回りたいんですよね。

――ちなみにメジャーデビューに関してはどうお考えですか? それこそ最初は1つの目標にしていましたが。

森:言ってましたね、そんなこと(笑)。

古川:いやあ、もう気にしてないです。

新井:今の音楽業界、インディーズとメジャーの境目ってなくなってきてるじゃないですか。私たちはインディーズだけど、タワーレコード(T-Palette Recordsレーベル)でたくさんのシングルをリリースさせていただいているし、インディーズということに愛着とプライドがあるんですよ。

佐保:最初はやっぱり半人前だからと(仮)を付けられて、悔しいなっていう気持ちもありましたけど、今はそういうのはないですね。

古川:もう今さらっていう感じがあります(笑)。

■ 最年少、新井愛瞳も21歳に。ショートカットに戻るのか?

――ちょっと早いですが、全曲ライブ後の来年の目標をお聞かせください。

古川:まだそこまで頭が回ってない(笑)。

新井:まずは毎年出演させていただいている「ニューイヤープレミアムパーティー」があるので、そこで2019年のアプガの勢いを見せられたらと思います。シングルかアルバムかは分からないですが、新曲をどんどんリリースしていきたいですし、今年は全曲ライブの準備で秋ツアーが入れられなかったので、すぐに春ツアーをやりたいなっていう気持ちもありますね。8大都市にも行きたいし、それこそ来年は10周年に向けた1年になるので、アプガのパワーをもっと見せていきたいです。

古川:ライブを含めて挑戦する気持ちを消したくないですね。全曲ライブもグループを終えるためにやるんじゃなく、「これからも行くぜ!」っていう宣言なので、まだまだアプガは色んなことにチャレンジしていきます。

――チャレンジと言えば、森さんはアームレスリングはどうするんですか? 負けて大号泣でしたけど、本当に引退ですか?

森:やりますよ! チャレンジし続けます!!

佐保:え、まだやる気なの!?

新井:え~、もういいよ~。負けてばっかじゃん。最後の夏って言ってたよね?

森:いやいや、最後って言ったけど、酒井瞳さん(元アイドリング!!!)が我妻桃実ちゃん(ハコイリムスメ)に負けたから、また盛り上がってきてるんですよ。強敵が続ける限り、私も挑み続けないと。

古川:「酒井瞳に挑む最後の夏」って宣言してたのに、手さえ握れずに終わりましたからね、この人(笑)。

※2017年1月に行われたタワーレコード主催「タワーアイドル腕相撲」で森は優勝するが、その直後乱入してきた酒井に瞬殺され大々号泣。今年のTIFで行われた大会は準決勝で我妻に敗北した。

森:今度は手を握れるように頑張ります(笑)。

――新井さんは11月19日、21歳の誕生日目前です。前日には生誕記念スペシャルライブがありますね。

佐保:おめでとう!

新井:ありがとう! 6歳からアイドルを始めて(ハロプロエッグ加入)ここまで来られたのはファンの皆さんのおかげなので、感謝の気持ちを伝えるライブにしたいです。「ショートカットに戻れない!?」というタイトルが付いてますが、私がショートカットになっているのか、なっていないのか? もしかしたらメンバーがショートカットになっているのか(笑)。ワクワクしながら見にきていただければと思います。

(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

8年目