山本彩「私のこと忘れないで」NMB生活に幕 後任キャプテンに小嶋花梨を指名

卒業公演を行った山本彩

 アイドルグループ「NMB48」のキャプテン・山本彩(25)が4日、大阪市のNMB48劇場で行われたチームN「目撃者」公演をもって、グループを卒業した。

 約8年間にわたってグループをけん引してきた“さや姉”は、卒業を惜しむファンからの声援にダブルアンコールで応え、最後は「青春のラップタイム」で締めくくった。

 公演後の卒業セレモニーには全メンバーが集結。花冠やブーケ、アルバムなどを受け取ると「卒業発表してからの3か月はあっという間でした。8年間通い続けてきた劇場にもう来なくなると思うと寂しい気持ちもあるし、想像がつかないところもあります。過ぎていく日々に一喜一憂して、悔しい涙も悲しい涙もたくさん流してきたけど、そのぶん強くなることができました。今思えば、それを青春と呼ぶのかな」と振り返った。

 今後は、シンガー・ソングライターとして第2の道を歩み始めるが「ファンの皆さんへの恩返しは音楽で成功すること」と約束。「次、皆さんに会う時は今以上の私で帰ってきます。なので、私のこと忘れないでください」と語ると、即座に自ら「『忘れて欲しい』っていう曲を歌っていますが…」と独りツッコミ。会場は笑いに包まれた。

 それでも「8年間培ったものは忘れません。皆さんの前にまた堂々と胸を張って出られるように頑張ります。8年間、私をアイドルにしてくれてありがとうございました」と語ると、温かい拍手に包まれた。

 ここで、山本は「最後の役目が残ってます」と切り出すと、後任のグループ・キャプテンに小嶋花梨(19)を指名。理由は「何よりもNMBが好きで、大切に思えるか。そういう意味では、こじりんはNMBを中心に生きてくれている。何事にも真摯に全力で取り組む姿勢を尊敬している」と説明した。引き継ぎを終えると「思い残すことはない。やり切った」と笑顔を見せた。

 公演終了後、劇場に飾られた自身の写真を外しながら報道陣の取材に応じ、現在の心境について「ご飯を我慢せず食べたい」。アイドル卒業で解禁となる恋愛については「今すぐに考えられない。握手会とかでファンの方から『いい人見つけてね』って言われるんですけど、申し訳ないですけど、期待しないでほしいなって今は思います」と笑った。

【関連記事】

  • さや姉 バラエティー&ライブMC後継者に渋谷凪咲を指名
  • 山本彩 卒コンで大田夢莉らとキス「今日、めっちゃチューするやん、私」
  • 玉袋筋太郎プロデュースのアイドルグループ「魔魔~S」発進
  • 元NHKうたのお兄さん「サウナで覚醒剤」供述の真意
  • 忘れないで 、 NMB48劇場 、 山本彩 を調べる
山本彩