近田春夫「昔よりとにかく強くなってる」 38年ぶりソロ作は児玉雨子、のんら起用の「J-POP」【インタビュー】

近田春夫さん

 日本の音楽界に数々の伝説を作り続け、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)の出演や週刊文春での連載「考えるヒット」でもインパクトを残したミュージシャンの近田春夫さん。その近田さんの、1980年の「星くず兄弟の伝説」以来38年ぶりのソロアルバム「超冗談だから」が2018年10月31日に発売された。

 ロックンロール、ヒップホップ、テクノ歌謡など様々なジャンルで「暗躍」をし、爪痕を残してきた近田さんの新作は秋元康さんから、女優としても活動するのんさん、さらにはハロー!プロジェクトなどアイドルへの詞提供などで知られる若手・児玉雨子さんら多彩な作家陣が参加。ディスコ歌謡にシティポップ、セルフカバーなどバラエティに富んだ作品に仕上がった。

 発売を目前に控えた2018年10月29日、東京・渋谷のビクターエンタテインメントの本社でディレクターの川口法博さん同席のもと、近田さんに作品、そして近況について聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 大山雄也)

■ジューシィ・フルーツがきっかけに

―― 「星くず兄弟の伝説」以来38年ぶりと銘打たれていますが、その前作「天然の美」(編注:1979年発売の近田さんのソロファーストアルバム。アルバムにはYMOや筒美京平さん、宇崎竜童さんら多くの作家陣が名を連ねた)にニュアンスは近いのではないでしょうか。

  近田:そうですね。それに近いかもしれませんね。

―― 色々な作家が参加しているが、採用の基準はどのようなものでしたか。

  近田:それはね、このアルバムがどのようにして出来てきたかっていうことを説明したほうが良いと思うんですけど。これは自分が積極的に作ろうかってことをレコード会社に持ち込んだっていうよりも、たまたま川口さん(編注:ビクターエンタテインメントのディレクター)がジューシィ・フルーツ(編注:「ジェニーはご機嫌ななめ」(1980年)のヒットで知られるバンド)の担当をやっていらしていて。自分がソロで作っていた「天然の美」ってアルバムがあって、その中にちょっとテクノっぽい曲で「エレクトリック・ラブストーリー」があって、それみたいな曲をもう一つ作ろうとなって、「ああ、レディハリケーン」(1979年)って曲をソロで作ったんです。

―― BEEFとして演奏することになりましたね

  近田:それでBEEF(編注:近田春夫&BEEFのこと。1979年に結成され、80年に近田さんが抜け、ジューシィ・フルーツに名を変えて活動を始めた)を結成してやっていたんですけども、今回久々にジューシィ・フルーツのライブ(編注:2017年11月5日東京・赤坂 GRAFFITIでの単独ライブ)であのころ一緒にやった曲をやりましょうって話をいただいて、いいですよって。それで「ああ、レディハリケーン」をライブでやることになって当日、本番前のリハーサルがあって。僕、本当歌をやるのが何十年ぶり、ステージで少なくとも声を出したのが1995~6年が最後だと思うんですけど、20年近く声を出していなかったんですね。リハーサルのときに川口さんが聞いていて「近田さんすごく歌良いですね」って言ってくれて。その時はまだ川口さんと面識がなかったから、良い気分で歌うために後押ししてくれたのかなって。その時は真剣に受け止めてなかったんですけど、それからジューシィ・フルーツがアルバム(編注:2018年2月14日発売のアルバム「BITTERSWEET」)を作ることになって、それでまた川口さんの方から1曲書いてくれって、それで書いたのが今回のアルバムにも入っている「ラニーニャ 情熱のエルニーニョ」って曲なんですけども、それの歌入れをするって時に仮歌と言いますか、一応こういう曲なんですよってガイドみたいなのを入れた方がニュアンスがわかりやすいと思ったので、歌入れのスタジオに行って仮歌を歌ったんですよ。そしたら川口さんがまたもや「いやあ、近田さん本当に歌良いですね」って。その時はキーがね、ジューシィ・フルーツってのはボーカルのイリアさんと同じだから僕とはキーが違うんですよ。だから、キーが高すぎちゃって、上とか出ない感じだったんだけど。ある意味酷い歌だと思うんだけど、それを聞いて川口さんが「本当に近田さん良いですね」、「この声は絶対残しておくべきなんでCD作りましょうよ」ってまたそこで言われて。僕も褒められると悪い気はしないんで、本当とか言って。じゃあ作っても良いけどずっと曲も書いてないし、曲書いたりするのもかったるいから、ちゃんと全部詞曲を揃えてくれたら、ボーカルだけだったらアルバム作るよって言ったら「分かりました」って言って。

―― それで色々な作家さんの曲が集結しました。

  近田:きっとね川口さんは僕が曲も詞も書いて歌うって、そういうのを想定していたかもしれないんだけど、僕が曲書いたり詞書いたりするの、面倒くさいからって言ったら断るかなって思ったら「いいですよ、それで行きましょう」って。それでしばらくしたら本当に曲が用意されちゃって。川口さんも本気で作家のいる事務所とかに連絡して、コンペもして、最終的に65曲ぐらい集まったんですよ。その時の川口さんの人脈で児玉雨子さんが詞を書いてる、全ての曲の作曲家は川口さんの人脈を使ってコンペで集めた人なの。ですから、僕は全く知らない人たちなんですよ。

次ページは:面識がない作家たちとの邂逅

1/5ページ

【関連記事】

  • 4人に1人が「カレーに入れてほしくない」と答えた、あの定番の具とは?
  • 成宮寛貴、マイケル・ジャクソンとの貴重写真 でも「下半身」が...
  • 「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発
  • 「ヤンキーが多い県といえば?」投票の結果が圧倒的すぎて笑えない
  • 「赤ちゃんがいるお隣の方から、いつも異臭が。覗いてみると...」(東京都・40代女性)