柏木由紀&伊藤健太郎W主演! 女流棋士とサラリーマンの“格差恋愛”を描く

11/4(日) 8:00配信

W主演を務める柏木由紀と伊藤健太郎

MBSでは12月2日(日)から、TBSでは12月4日(火)から、ドラマイズム「この恋はツミなのか!?」を、柏木由紀と伊藤健太郎のダブル主演で放送することが決定した。

【写真を見る】大河ドラマ「西郷どん」では園役で出演している柏木由紀

原作は、鳥島灰人の同名漫画。童顔で巨乳の癒し系だが、実はプロの将棋指しである駒田多恵(柏木)と、恋愛経験なしでコミュ障気味の冴えない童貞サラリーマン・小日向大河(伊藤)の“究極の格差恋愛”を描くストーリーだ。

さらに、ドラマのオープニングテーマは柏木の新曲に決定。柏木も「ドラマのオープニング曲を歌わせていただくのが初めてのことなので、とてもうれしいです!」と感激し、「ドラマのはじまり、そして私が演じる大人なキャラクターにぴったりな楽曲に仕上がっています。5年ぶりの新曲なので、レコーディングにも気合が入りました! たくさんの方にドラマと合わせて聴いていただきたいです」とアピールした。

年上女流棋士とこじらせ童貞サラリーマンの“格差恋愛”の行く末に、今から注目が集まる!

■ 柏木由紀コメント

女流棋士という役柄も実年齢よりも年上の女性を演じるのも、どちらも初挑戦なので、まずは将棋のことを勉強しながら役作りに挑んでいます。私が演じる駒田多恵は、将棋で勝負に挑む格好良い姿と、普段の少し抜けた天然な姿のギャップが大きいので、ぜひそのギャップを楽しんでいただければと思います! そして伊藤健太郎さん演じる大河くんがとても面白い役柄なので、彼の行動にもぜひご注目ください!

■ 伊藤健太郎コメント

ドラマでは初の主演を、柏木さんと共に務めさせていただけることがとてもうれしいです。僕が演じる小日向大河はコミュ障気味でくせが強いのですが、彼が成長していく姿が面白く、応援したくなるキャラクターです。せりふ量が膨大なので毎日必死に現場に臨んでいます。

将棋、恋愛、コメディー、と沢山の要素を含んだ作品で、現場では今までにないくらいたくさんのチャレンジをさせていただいているので、ぜひ楽しんで見ていただければうれしいです。将棋、勉強します!

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 「ルームロンダリング」ポスタービジュアル解禁! オープニングテーマも決定
  • 生駒里奈、“かわいすぎるサンタコスプレ”で幽霊役に?
  • 池田エライザ主演「ルームロンダリング」がドラマ化! 「皆さまの元に帰ってくることができて幸せ」
  • 城田優、森川葵の姿に「すごくドキドキさせられるんですよ」
  • 森川葵「きれいに撮っていただいてありがとうございます!という気持ち(笑)」
格差恋愛