“スマホ落としがち”田中圭演じる京谷に「ダメな男…でも好き」女子困惑<獣になれない私たち>

11/1(木) 12:19配信

「獣になれない私たち」完成披露試写会の田中圭

10月31日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第4話が放送され、晶(新垣)と恒星(松田)、そして晶の恋人・京谷(田中圭)の関係が大きく動いた。

【写真を見る】京谷(田中圭)と寝た呉羽(菊地凛子)と晶(新垣結衣)…バチバチのご対面!!

波乱の第4話が巻き起こったのは、京谷が浮気した夜にスマホを無くしたことがきっかけ。この京谷に対して視聴者のSNSには「ズルくて情けなくてひどい」「いい加減はっきりして~」「ダメな男…でも好きだよ田中圭は」という声が相次いでいる。

田中が11月2日(金)公開の映画『スマホを落としただけなのに』で北川景子演じる麻美の彼氏・富田役で、スマホを落とすことから「田中圭スマホ落としすぎだよww」「圭くんスマホ落としがち」と、2作品の偶然のリンクを楽しむ人も出ている。

「獣になれない私たち」は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星によるラブ“かもしれない”ストーリー。行きつけのクラフトビールバー「5tap」で出会った2人が、人前で見せる顔の裏で何を思っているのかをぶつけ合っていく。

第4話は、京谷の家に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)の問題で、晶と京谷がケンカした夜、京谷は呉羽(菊地凛子)と一夜を明かしてしまうシーンから始まった。翌日、晶は連絡の取れない京谷がスマホを紛失したと知る。京谷は呉羽と過ごした部屋にスマホを置き忘れてしまったのだ!(以下、ネタバレが含まれます)

呉羽と京谷が関係を持ったことを知った晶はパニックに。恒星とビールをしこたま飲んだ後、ベッドの上で見つめ合うような夜を過ごすことになる。結果、晶と恒星が一線を越えるようなことは一切していないのだが。

一方、京谷は自己嫌悪に陥っていた。自分がハッキリと朱里を追い出すことができないために晶を傷つけていることや、結婚に踏み切ろうとしないこと、そして1度きりとはいえ呉羽と浮気をしてしまったことを悔やみ、暗い部屋で1人小さく体育座りをして反省するのだった。

ところが、京谷は晶の居場所を尋ねに来た「5tap」で、恒星から耳を疑うようなセリフを聞いてしまう。「来ましたよ、ここじゃなくてオレんちに。朝まで。男と女ですからね、やること決まってるでしょ」と。それを聞いた京谷は、恒星を殴り飛ばした!

この衝撃シーンに視聴者は「いつまで恋人ごっこやってるの!?」「いい加減はっきりして~」「ことごとくダメな男だわ~」「君が落ち込むとこ?君に殴る権利ある?」と京谷に対する厳しいご意見が多数。言われ放題の京谷だが、演じる田中圭に対しては女性を中心に皆、とても寛容のようで。

「ズルくて情けなくてひどい。でも田中圭なら許しちゃう」「ただの体育座りなのに、抱きしめたい」「京谷は置いといて、圭さんの殴る姿かっこよすぎるな…」など、呆れ半分、かわいさ半分で、京谷というキャラクターの持つ愛おしさを楽しんでいる。

次回、11月7日(水)放送の第5話は、晶が朱里と向き合うため、京谷のマンションへ行く。晶は朱里と自分の違いを改めて突き付けられ、今まで以上に笑顔で仕事をこなすようになる。一方、京谷に殴られた恒星は、呉羽の夫の名前をPCで検索し、その意外な正体を知る。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 新垣結衣と松田龍平の“大人な場面”に「ベッドの上の会話も行動もリアルすぎ!」<獣になれない私たち>
  • 新垣結衣、とうとう“獣”に!? 田中圭&菊地凛子“キスより先”は!?<獣になれない私たち>
  • 新垣結衣、田中圭の頭をナデナデ!“イチャラブ”シーンに両ファン悶絶!!「田中圭になりたい!!」「ガッキーに!!」<獣になれない私たち>
  • <獣になれない私たち>視聴者大混乱!新垣結衣×田中圭カップルに菊地凛子が参戦!?「もうぐちゃぐちゃ…!!」
  • 新垣結衣を田中圭が“バックハグ”!? 松田龍平との関係は?<獣になれない私たち>
田中圭演じる京谷