片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

10/31(水) 16:00配信 有料

片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】(文春オンライン)

国会でどう説明するのか

 100万円の授受を元秘書が認めるや、「南村氏は私設秘書ではなかった」と荒唐無稽な言い逃れを口にした片山大臣。ならば大臣自ら100万円に言及する音声にはどう説明するのか。さらに新たな政治資金に関する疑惑も発覚――。またしても小誌への訴訟を盾に口を噤むのか。

◆ ◆ ◆

〈もしもし。ああ、はいはい、どうもご無沙汰しております〉

 片山さつき地方創生大臣(59)の携帯電話が鳴ったのは、2016年7月26日の14時過ぎのことだった。普段、秘書に接する態度とは正反対の明るい口調で話し出した。

 だが、次第に片山氏の表情は曇っていったという。

 電話の相手は、約1年前、国税への“口利き”を依頼した製造業社長のX氏である――。 本文:6,197文字 写真:9枚 片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】(文春オンライン)片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】(文春オンライン)片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】(文春オンライン)片山さつき本人音声公開 やっぱり知っていた「100万円」授受 「国税口利き」第3弾【先出し全文】(文春オンライン) ...

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月8日号

文春オンラインの有料記事

使えます

もっと見る

100万円