超ストイックな”中部一かわいいJK”! 萩田帆風「休日も演技練習漬けの毎日。体育系出身なので、芯の部分は”強い”んです」(週プレNEWS)

10/24(水) 6:00配信

『週刊プレイボーイ』45号で初水着グラビアを披露した“ほのぴぴ”こと萩田帆風ちゃん

3月、「女子高生ミスコン2017-2018」で準グランプリに輝いた"ほのぴぴ"こと萩田帆風(はぎた・ほのか)ちゃん。『週刊プレイボーイ』45号(10月22日発売)では、初水着グラビアを披露している。

上京し現在ひとり暮らしをしている彼女が、初めて実家を離れて感じる苦労とは......。

* * *

萩田 ひとり暮らしって寂しい! 地元の静岡では高校のダンス部のみんなとリア充学校生活を送っていたので、いきなりひとりになると心細くて。毎晩お母さんに電話したり、『TikTok』配信したりして気分を紛らわせています。 

──気晴らしの方法が今どき女子だ! やっぱり「すこ」とか「マジ卍(まんじ)」とか言うの?

萩田 そんな言葉使ってるコ、周りにもいませんよ! 第一、あれは若者言葉っていうよりギャル語じゃないかな? ネットニュースとかで「○○が女子高生に人気!」っていうの、全部が全部本当とは限らないですから。

──勉強になります。ダンスで鍛えた運動神経で、空手も黒帯の腕前だと伺いました。実力を体感してみたいので、試しにお尻あたりを蹴ってみてください!

萩田 あ、やめといたほうがいいですよ。お父さん(*萩田家は全員黒帯)に練習を手伝ってもらってるとき、「絶対にその蹴りを素人相手に使っちゃだめだ」って真顔で言われましたからね。2、3ヵ所折れてもよければ蹴りますけど......。

──や、やっぱり遠慮しておきます。ところで、今回が初水着&初グラビアということでしたが、はじける笑顔が印象的ですね。

萩田 うふふ。カメラマンさんやメイクさんと終始おしゃべりしながら撮ってもらっていて。(写真を見ながら)ほんとだ、めっちゃ笑ってる! 何話してたのかな......「うわあ波高~い!」とか、くだらないことばっかりなんですけど(笑)。こういう写真を撮っていただくのが初めてだったので、写り方とか勉強になりましたね。

──グラビアのほかにも、演技や歌のレッスンなど、日々初めてのことに挑戦しているとか。

萩田 特に演技はまったくやったことがなかったので難しいですね。普通の会話でも、台本を読むとなるとどうしても自然じゃなくなっちゃう。だから早くいろいろ覚えたくて、レッスンがない日も自主練しています。

1/2ページ

【関連記事】

  • 萩田帆風『ほのぴぴ』
  • 週刊プレイボーイで初ソログラビア&初表紙! "爆弾級"の武器を持つ脇田穂乃香とは何者?
  • 昨年の「女子高生ミスコン」関東グランプリ・中森千尋「AVとヌード以外のお仕事だったらなんでもやります!」
  • 火の国が生んだ次世代ミューズ! 芋生悠「地元・熊本のためにも、女優として成功したい。夢はハリウッド進出!」
  • まぶしい笑顔が魅力の若手女優・喜多乃愛。デビューのきっかけは「知らぬ間に書類審査を通ってました」
NEWS&#65289