〈キスしたい〉自民党「魔の3回生」が人妻へ“不倫LINE”

10/17(水) 16:00配信

国場幸之助議員 ©共同通信社

 自民党の沖縄県連会長を務める国場幸之助衆院議員(45)。2012年に初当選し、以来3回連続当選の「魔の3回生」である国場氏が、既婚女性に対し、〈キスしたい〉などのLINEを送っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】衆院予算委で質問する国場議員

 今回取材に応じたのは、沖縄県那覇市在住の高橋次郎さん(仮名、40代男性)。

 妻と国場氏がやり取りしたLINEの画面を印刷したものを記者に見せながら、こう憤る。

「(国場氏と妻が)こんな関係になっているとは想像もしていませんでした。国場氏には怒りしかありません」

 そこには国場氏が高橋氏の妻に送ってきた、〈キスしたい〉〈スカート滅茶苦茶かわいい〉〈大切な女〉などの文言が並ぶ。

「私には『店に早めに行く』などと嘘をついて国場氏と会っていたり、私が知らない間に、妻が東京へ飛び、向こうで国場氏と会っていたこともわかりました」

 国場氏は結婚しており、妻と3人の子どもがいる。

 国場氏を直撃すると、「(LINEのやり取りは)記憶にないです。(不倫関係は)ないです」などと語った。10月18日(木)発売の「週刊文春」では、不倫疑惑の詳細や、4月に国場氏が起こした泥酔騒動(路上で喧嘩になり、双方負傷。書類送検されたが起訴猶予)の直前にも、高橋氏の妻と一緒にいたことなどについても詳報する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月25日号

【関連記事】

  • 片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑
  • 池上さんが考えた「石破さんの戦いは健闘だったのか、善戦だったのか」
  • 不倫スキャンダルがあっても政治家として大成した人物は?――池上彰氏に聞く
  • 「進次郎狂い」「くたばれよ」安倍チルドレンが美人前議員にストーカーメール1日200通
  • バイブ万引き、当直室の肉体関係……北海道警「隠された不祥事」の実態
3回生