各紙「新閣僚の顔ぶれ」から見えてくる“やらかしそうな大臣”は誰だ?

10/12(金) 7:00配信

 新聞の論調の違いを味わうとしたら、社説だろうか? 天声人語のようなコラムだろうか? 政治面だろうか?

【画像】「やらかしそう」な新閣僚とは……

 これらも当然そうなのだが「ある時期」になると登場する記事がある。これが新聞の読み比べとしてたまらないのだ。

 それが「閣僚の横顔」である。

官邸HPより 新閣僚の記念撮影

各新聞、麻生太郎財務相をどう書いたか?

 内閣改造などで新しい布陣になると各大臣を紹介するコーナー。似顔絵もついてるアレだ。政治面の記事だが、ふだんよりもっと論調の違いが出る。

 たとえば麻生太郎財務大臣はどう書かれているか。各紙10月3日付から目立った箇所を抜粋してみる。

 朝日新聞。

《森友学園の公文書改ざんや前事務次官のセクハラ問題では、身内をかばい続けたうえ、自ら問題発言を連発。自民党の第2派閥を率い、「安倍政権をど真ん中で支える」と語っているものの、政権の足を引っぱり続けた。》

「政権の足を引っぱり続けた」。麻生氏からよく名指しで批判される朝日はこう紹介した。これを読んだ麻生氏がまたカチンときて朝日を何かのついでに批判するという無限ループを予想しておきたい。新聞を読まないという麻生氏だが、なぜか朝日には詳しいのも頭に入れておきたい。

 読売新聞の麻生評。

《学校法人「森友学園」の問題に絡む財務省の不祥事では進退も取りざたされたが、首相との厚い信頼関係で乗り切った。》

 あれは「乗り切った」のか。「押し通した」ように見えたのだが……。読売と朝日では見方が異なる。だから新聞は面白い。

 読売は最後に《べらんめえ口調と、軽口から来る失言癖は相変わらずだ。》とし、どこかあきらめた感じも伝わってくる。

産経新聞の麻生評 3年前と読み比べてみると……

 毎日新聞は、麻生氏のキャッチコピーが「政権支える毒舌家」。文章のなかでは《失言の多い毒舌家》。

 これ、短い表現だけどよく表していると思う。「政権支える」が「失言の多い」ってかなりリスキーな存在であることがわかるからだ。

 産経新聞を見てみよう。麻生氏の失言癖をどう紹介しているか。

《聴衆を楽しませようとするあまり、名言のつもりが失言となるリスクも抱える。》

 とても気を使っている。

 実は、産経の麻生評のこのくだりは3年前はもっと長かった。

《直接会った人物がいっぺんに魅了されるという気さくな人柄は、かつて「半径2メートルの男」と称されたが、聴衆を楽しませようとするあまり、講演などでの発言が時にリスクとなる。》(2015年10月7日)

 長い。

 失言や放言という言葉を慎重に避けて、一生懸命頑張った産経師匠。「麻生太郎を気持ちよくさせる紹介をせよ」という問題があったら100点の解答ではないか?

 しかし3年前に比べると今回はあっさり。麻生氏の問題発言が多すぎてフォローするのがめんどくさくなったのだと思われる。

次ページは:読売が「ポスト安倍」とまで書いてきた人物

1/3ページ

【関連記事】

  • 「杉田水脈さんは国家の財産ですよ」ほか、“全員野球”安倍内閣の“あの珍言”をもう一度
  • 紙面で追う 総裁選「カツカレー食い逃げ事件」が大事件になるまで
  • 14年半の歴史に幕「時事放談」御厨貴が明かす「野中広務が“下座”にこだわった理由」
  • 「湿気がひどくてマグロにカビが生える」開場目前の豊洲市場に不安の声が高まる
  • 『新潮45』休刊論文 小川榮太郎氏に「ネットワークビジネス」の過去
顔ぶれ