『ミス美しい20代』審査員特別賞・宮本茉由、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』で女優デビュー

10月11日スタートの木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系毎週木曜21時~21時54分放送)で女優デビューを果たす宮本茉由(C)Deview

 オスカープロモーション主催『第1回ミス美しい20代コンテスト』審査員特別賞を受賞し芸能界入り、「女優宣言」を行った『CanCam』専属モデルの宮本茉由が、10月11日スタートの木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系毎週木曜21時~21時54分放送)で女優デビューを果たす。

『リーガルV』で、宮本茉由と同じ事務所の弁護士・白鳥美奈子役で出演する菜々緒。

 ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、米倉涼子演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいく…という物語。

 このドラマで女優デビューを果たすのが、2016年9月に開催された、磨かれ輝きを放出しダイヤモンドのように輝いている20代を探すコンテスト『第1回ミス美しい20代コンテスト』で審査員特別賞を受賞したモデル・宮本茉由。キュートさとクールさが同居した美貌と、特技のクラシックバレエで磨き上げられたスタイルを武器に、現在は雑誌『CanCam』の専属モデルとして活躍。着実に女性の支持を集めている。

 宮本演じる中沢淳美(24)は、主人公の翔子と対立する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の秘書。天馬の愛人と噂されるミステリアスでセクシーな美女だが、天馬に忠実かと思えば、劇中で敵か味方かグレーな動向も見せ、その狙いが何なのか目が離せなくなるという役回り。新人にとっては難役と言えるだろう。

 宮本は、所属事務所オスカープロモーションの顔とも言える大先輩との共演に期待を膨らませる。「米倉さんにご挨拶したとき、すごくクールで堂々としてらっしゃる方なんですけど、同じ『CanCam』の専属モデル出身ということで、気さくに話しかけてくださって。すごく優しい方なので、ドラマの中でも共演するシーンがあったら、いろいろとお話を聞いてみたいなと思っています」。

 小日向、高橋英樹らのベテラン俳優、向井理、菜々緒ら主演クラスが揃う現場。「皆さんすごく優しくて。素晴らしい活躍をされている方って、内面も素晴らしいんだなあって改めて思いました。そんななかで緊張はしますし、失敗はしないように十分準備はしますけど、もし失敗しても経験として活かせるようにしたいと思います」と気合を入れ直す。

 『第1回ミス美しい20代コンテスト』の同期である、グランプリの是永瞳、準グランプリの奥山かずさが次々と女優デビューしていく姿を見てきた宮本は「女優になるとみんな輝いて行きます。奥山さんも、自分でも“女優~?”って感じだったらしいんですが、どんどん女優さんになっていって、知名度も一気に上がって行って、やっぱりテレビの世界ってすごいなって思っていました。本人は人間的には何も変わらないんですけど、“女優さんとしてお仕事してるなぁ”っていう部分が、尊敬に変わりました。私もいつか挑戦してみたいと思っていたときに、女優デビューのお話があったので、夢が叶ったという気持ちです」と仲間の活躍を喜び、刺激としてきた。

 9月にはオスカープロモーション伝統の『女優宣言』を行い、本格女優デビューに向けての準備も整った。宮本は「モデルとして今まで作ってきた信念を大切にしながら、新しく女優としての道を切り拓いていただいたので、全力で求められているものを演じていけたらと思います」と力強く語った。

■宮本茉由(みやもと・まゆ)
1995年5月9日生まれ、東京都出身。
趣味:クラシックバレエ・映画鑑賞・写真を撮ること。
特技:クラシックバレエ(13年)・バレーボール。

【関連記事】

  • 宮本茉由所属:オスカープロモーション【2018秋ドラマ特別オーディション】
  • 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』出演の菜々緒所属「プラチナムプロダクション」も参加 10月スタートのドラマ出演者の事務所が新人募集「秋ドラマ特別オーディション」開催
  • オスカープロモーション所属の岡田結実、宮本茉由、玉田志織が女優宣言 岡田は「やったるぞ!」と気合入れる
  • 国民的美少女・玉田志織、16歳の今を閉じ込めた初写真集をリリース「自分のコンプレックスに挑戦しました」
  • 「ミス美しい20代」宮本茉由、大先輩・米倉涼子の胸を借りて10月女優デビュー
リーガルV