<中居正広>仕事前の“入念な準備”にアナウンサーも驚き!「本当に尊敬する」

10/11(木) 18:53配信

中居正広が、ゲスト出演したラジオ番組について語った

10月6日放送のラジオ番組「中居正広 ON & ON AIR」(ニッポン放送)で中居正広が、ゲスト出演したラジオ番組について言及。普段の仕事に中居がどれだけの下準備をして臨んでいるかが明らかになり、元ニッポン放送で現在フリーアナウンサーの新保友映が「本当に尊敬する」という感想をSNSで発した。

【写真を見る】中居正広の入念な準備に「本当に尊敬する」とコメントした新保友映アナ

9月20日放送「ショウアップナイター」(ニッポン放送)の「ヤクルト×巨人戦」の中継にゲスト出演する予定だった中居。この日の天候は雨で、試合が中止になる可能性が高かったものの、準備は進めていたという。「もう、ラジオが初めてなんで、ラジオで野球やるのが。勝手が分からないんだよね」と、手探り状態だったことを明かした。

「野球を観に行くわけじゃないから。でもね、なんか野球を観に行くような気分なのよ。で、もう家にいたらすげぇ雨降ってるし、資料だけ作っちゃおうと思って。でもこの資料要るのかなと思って。わかんないの(笑)。一応、準備はしとこうかって。なんか几帳面、出ちゃうんだよね」

資料は、自宅に大量にあるというFAX用紙に、両チームの前日のスコア、打順、防御率などのデータを集めて貼り、二枚目には1~9番までの打順、成績を書き込めるように表を作成しているという。

「3色ボールペンと、これでいけんだっけな。あと何が必要だったっけなと思って。で、あっ、(野球)観に行くんだったら…あの野球観に行く時とか、甲子園もそうだったんですけど、僕ラジオ持っていくんですよ。あ、これラジオ持ってった方いいのかなぁ…あ、違う、俺ラジオ出るんだ(笑)」と中居。

試合は中止となったが、急遽、解説の里崎智也、実況の煙山光紀(ニッポン放送)と共にトーク番組が放送された。中居は「いやー面白かったなぁ」と番組を振り返った。

「 野球の話だけでいいと。で、なんか分かんないけど勝手に決めつけちゃってるんで、僕自身がですよ。この放送は専門的な言葉、ワードが出てきても、わざわざ分かりやすくするための変換はしなくていいやって。それは自分の中で思って」と、自身のラジオであれば、野球のルールや用語がわからないリスナーに向けて解説を加えて話すところを、今回はそのまま話すことに決めたという。

「煙山さんって、この人(が)司会だよね、実況の人だから。この人がいるからちょっと無責任だから楽しかったのかな(笑)。あんまり、こう責任がないと言うか、今やってるテレビとかっていうのも、ほら自分の名前がね、ついてる番組だったりすると。やっぱり責任があるんだよね」

そして「なんていうんだろ…最高だったね。楽しくて楽しくて。こんな面白いのかよって。まとめなくていいし、時間もこの煙山さんがやってくれるから締めてくれるし」とテレビ番組での司会やゲスト出演とも違う感覚で、「こんなに、こんなに俺、羽ばたいていいんですか!みたいな。楽しかったな。あっと言う間よ」と喜びをあらわにした。

「野球を知ってる人寄りの話が多くて、たぶん“中居くん応援してます”っていうような、これ聴いてるような子たちとかはもう全然、1ミリも考えなかったね。これ、女の子聴いてるんじゃないかな、女性が聴いてるんじゃないかなって1ミリもなかった。楽しかった、いいな、無責任大好きになってきた。ああいうのなんかちょうど良かったんだよな」と放送を振り返った。

Twitterでは「この日の中居くん、楽しそうにお仕事してた」「普段、いかに気をつかって仕事をしているかがわかった」のほか、元ニッポン放送で現在フリーアナウンサーの新保友映も、自身のツイッターで「野球の資料を自分で作ることだけでもすごいのに、資料用のバインダーを自分で用意する中居さんを本当に尊敬する」などと番組名をハッシュタグにつけて感想を寄せていた。

ラジオ番組「中居正広 ON & ON AIR」は毎週土曜23時から放送。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 中居正広「好きになったらしょうがない」好きな“女性のタイプ”語る
  • 中居正広、ウエンツ瑛士の留学に「ちょっと寂しさも」本音を吐露
  • 中居正広の“曲紹介”へのこだわりにファン「プロフェッショナルな意見」
  • 中居正広「忘れることはないだろうね」夏の甲子園を一人観戦
  • 中居「あ、これ無理だ。この中に僕は入れない」有名人ならではの“悩み”明かす
中居正広