『ヴェノム』はマーヴェル史上初の80年代回帰作にして進化系だ!

10/11(木) 17:00配信

11月2日公開のアメコミ超大作 『ヴェノム』 は、マーヴェルの中でも類を見ないエポックメイキングな野心作だ。「週刊文春」初の シネマ特別号 ダークヒーロー特集 (永久保存版ムック)でヴェノム特集を執筆した作家・岸川真が伝える、『ヴェノム』の魅力とは? 

【写真】自分を阻むやつは殴る、蹴る、喰う!ヴェノム

◆◆◆

『ヴェノム』11月2日(金)全国ロードショー

丸坊主かつ全裸上等!のギャングスター

 アメコミ界においてスパイダーマンよりも数段パワフルで、自分を阻むやつは殴る、蹴る、喰う! ワルなやつ。そんなストロング・スタイルなスーパーヴィラン(悪役)がヴェノムだ。ついに、こいつがスクリーンにやってくる!

 スパイダーマンの素顔は家族思いの高校生ピーター・パーカー君だが、ヴェノムは違う。ヴェノムに変身するエディ・ブロックは人気ジャーナリストだったのにフェイクニュースを暴かれて転落人生を歩む負け犬だ。パーカー君がまさに衣装を着替えるのに対し、ヴェノムは地球外生命体シンビオートがエディの体内と同化。いざというときに肉体そのものがベロっと入れ替わる。

 スタイルも赤と青のアメリカンな蜘蛛人間と対象的な黒主体で見ようによっては丸坊主かつ全裸上等!のギャングスターなのだ。

善玉スパイダーマンとは違うポップな暴力番長

 国旗色を身にまとうストレートでスクウェアな善玉スパイダーマンに対し、80年代のストリートカルチャーの申し子のようなブラックな姿はLL・クール・JやRun-D.M.Cといったヒップホップスターを想起させた。ワルの力でワルを制す、その不良感度の高さはバットマンに対するジョーカーと違うポップな味わいを持っているといえる。

 ファンの期待値も高いコロンビア映画&マーヴェル・エンタによる『ヴェノム』は、今述べたコミックのルーツにある80年代ポップカルチャーを巧みに取り入れて、2010年代映画の最新型に仕上がっている。

トム・ハーディの寄るべのない少年のような可愛さ!

 永遠の武闘派マッド・マックス(『怒りのデス・ロード』)と寡黙な戦闘機乗り(『ダンケルク』)の両方を演じ分けたトム・ハーディがエディを楽しげに演じている。彼は宇宙規模に事業を広げるライフ財団の若き総帥にして、マッド・サイエンティストのドレイクに人体実験にまつわる直撃取材を行ってしまい失職。真相をつかもうと乗り込んだ先で宇宙からやってきた液状生物シンビオートと図らずも同化してしまう。トムの負け犬演技(寄るべのない少年のような可愛さ!)の後、追手を千切っては投げという黒いリキッドタイプの暴力番長ぶりがまず必見だ。

次ページは:新しい〈バディ(相棒)もの〉

1/3ページ

【関連記事】

  • 講演料は1回700万円 ジャーナリスト界の“レジェンド”はトランプを倒すか?
  • ヒーローなんかじゃない『ハン・ソロ』 小物アウトローの「末路」を考える
  • 悪役の魅力が炸裂する小栗虫太郎の伝奇小説――究極の徹夜本!
  • 樋口真嗣×松尾諭『シン・ゴジラ』対談#2 なぜ日本で大ヒットして、スペインで野次られたのか?
  • 恋する女性を食べたくなる心理とは? 性と食のタブーをめぐる驚きの考察
ヴェノム