自殺の「愛の葉Girls」大本萌景さん 遺族が所属事務所提訴へ

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

10/11(木) 15:08配信

ご当地アイドルグループ「愛の葉Girls」メンバーの大本萌景さん(萌景さんの母、幸栄さんのツイッターから)

 今年3月に自殺した愛媛県のご当地アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバー、大本萌景さん(当時16歳)。原因は過重労働やパワハラだとして、遺族が12日、芸能事務所「Hプロジェクト」などに対し、慰謝料など約9268万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴する。

 遺族側によると、事務所は萌景さんが未成年であるにもかかわらず早朝から深夜まで過密なスケジュールで拘束。

 グループを辞めたいと伝えた際には、従業員が「次また寝ぼけた事言い出したらマジでブン殴る」というメッセージをLINEで送り、今年3月には社長が「辞めるなら1億円払え」と要求するなどパワハラ行為を重ねたという。

【関連記事】

  • 近づく子供の自殺最多の日…兆候と親の対処法を医師に聞く
  • 列車飛び込みをネットで公開…「自殺動画」は新たな遺書か
  • 自殺装い弟殺害 “毒姉のウソ”とばら撒かれた怪文書の中身
  • 今度はジョンヒョンが…“自殺者続出”韓国芸能界の深い闇
  • 後を絶たない自殺…韓国人タレントなぜそれほど死を急ぐ
葉Girls