「研究に全く貢献していない」 ノーベル賞・本庶博士と小野薬品の軋轢【全文公開】

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

10/11(木) 11:00配信 有料

本庶氏はノーベル賞賞金の寄付を表明

「テレビや新聞の報道ではカットされていましたが、ノーベル賞受賞という晴れがましい会見にもかかわらず、本庶(ほんじょ)先生は小野薬品を批判する発言を繰り返しました。現場にいた記者が引いてしまったほど。ただ、これまでの経緯を知っていれば先生の思いも理解できます」(製薬業界専門紙記者)

◆ ◆ ◆

 今年のノーベル生理学・医学賞に選ばれた京都大学特別教授の本庶佑(たすく)氏(76)。免疫の働きを抑えるブレーキ機能を持つ分子「PD-1」を1992年に発見。2002年にはがん治療に役立つことも確認され、新薬開発への道を切り開いた。こうした研究業績が評価されての受賞となった――。 本文:1,843文字 写真:3枚 「研究に全く貢献していない」 ノーベル賞・本庶博士と小野薬品の軋轢【全文公開】(文春オンライン)「研究に全く貢献していない」 ノーベル賞・本庶博士と小野薬品の軋轢【全文公開】(文春オンライン)

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月18日号

文春オンラインの有料記事

使えます

もっと見る

研究