高橋由伸を追い詰めた読売の現場介入、GM解任――野球の言葉学 特別編【全文公開】

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

10/11(木) 11:00配信 有料

ユニフォームを脱ぐ高橋由伸監督

「チームの成績が良くないというところで責任をとらなくちゃいけない」

 この言葉学を残して巨人・高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することになった。2015年オフに原辰徳前監督(60)の勇退を受け新監督に就任。しかし3年間で一度の栄冠も手にすることなくユニフォームを脱ぐことになる。後任は原前監督の3度目の就任という仰天人事だった。まさに3年前の監督交代の責任が問われる復帰劇だが、最大の犠牲者はやはり高橋監督、その人だった。 本文:3,034文字 写真:5枚 高橋由伸を追い詰めた読売の現場介入、GM解任――野球の言葉学 特別編【全文公開】(文春オンライン)高橋由伸を追い詰めた読売の現場介入、GM解任――野球の言葉学 特別編【全文公開】(文春オンライン)高橋由伸を追い詰めた読売の現場介入、GM解任――野球の言葉学 特別編【全文公開】(文春オンライン)高橋由伸を追い詰めた読売の現場介入、GM解任――野球の言葉学 特別編【全文公開】(文春オンライン)

鷲田 康/週刊文春 2018年10月18日号

文春オンラインの有料記事

使えます

もっと見る

現場介入