T・スウィフトは民主党支持 変わる芸能界と政治の距離感

テイラー・スウィフト(右)と安室奈美恵(C)AP共同

 アメリカ人歌手のテイラー・スウィフト(28)が8日、インスタグラムで民主党支持を投稿して話題になっている。「自分の肌の色、性別、性的指向にかかわらず、すべてのアメリカ人の尊厳のために戦う気にならない人に投票することはできない」とハッキリ意思表示をしたことで9日現在170万以上の「いいね!」を獲得。トランプ大統領が「テイラーの音楽が25%くらい嫌いになった」と応戦したこともあり、世界中に拡散した。

 テイラーは今まで政治的な発言はしてこなかったが、反トランプ宣言で旗幟を鮮明に。これで白人至上主義者の支持は失ったものの、若者からは絶大な支持を集めたともっぱらだ。

 アメリカではロバート・デ・ニーロやブルース・スプリングスティーンなど俳優や歌手が支持政党や政治信条を明らかにするのはフツーだが、翻って日本の芸能界ではマレだ。日本ではタレントが政治の話をすることはCMなどスポンサーへの配慮もあってタブー扱い。8月に安室奈美恵(41)が翁長沖縄県知事の逝去の際、自身のサイトで追悼のメッセージを述べたことは驚きをもって受け止められた。安室の言動はその後の知事選へも影響を与えたが、政治評論家の有馬晴海氏はこう言う。

「安室さんのコメントは沖縄に対する思い、郷土意識に訴えたので受け入れられました。また、ご自身のサイトを通じて発信したことも大きい。インターネットの時代になって、自分の意見をためらいなく書ける、炎上しても言い返すことができるようになってきていますから、日本もタレントが政治に対して意見することができるように変わりつつあります。現に、いい年齢で政治がわからないとテレビ番組に出演しても恥ずかしい思いをすると、私の勉強会に参加する芸能人の方もいます。オリンピックで活躍する日本人選手も多様性に富み、意見の多様性にも寛容になりつつある。芸能人が政治に意見するのも普通になる日が近づいています」

 SNSの普及で誰しもが意見を表明できる時代。芸能界と政治の距離感も変わりつつある。

【関連記事】

  • T・スウィフトが民主党支持を表明…トランプ共和党に打撃
  • 沖縄知事選 安室奈美恵に自民幹部が「自粛」要請の怪情報
  • 安室奈美恵は地元沖縄で「神格化」…歌姫から歴史的人物へ
  • 政治ネタ話題 冠番組終了のウーマン村本“圧力騒ぎ”の顛末
  • ZOZO前澤氏“舌好調” 剛力彩芽も月に「行きたい」と明かす
芸能界