ガッキー、生放送でまさかの発言 加藤浩次思わず「ありがとうございます」

クイズに大胆な回答をした新垣結衣さん(2007年撮影)

 ガッキーこと女優の新垣結衣さん(30)が、テレビで意外な言葉を口にした。ツイッターには「衝撃的」といった反応も出た。

 クイズに答える場面で、問題はベテラン俳優が以前、「羞恥心をなくすため」に受けた演技指導は何か?というもの。一般的には不浄なイメージがある単語で、司会の加藤浩次さんは「新垣さんから(そんな)言葉を...ありがとうございます」と、その意外性に感謝していた。

■Q:市村正親さんが受けた演技指導とは?

 新垣さんは2018年10月10日の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演した。この日の夜に始まるドラマ「獣になれない私たち」の番組宣伝をするためだ。ドラマの紹介のあと、ゲストがクイズに答えるコーナーに。VTR出演のベテラン俳優、市村正親さん(69)が、劇団四季時代に今は亡き浅利慶太さんから、「自分の羞恥心をとるため」に受けた「驚きの演技指導」は何か?と出題。

 新垣さんは、少し考えるような様子を見せながら、

  「人がいっぱいいるところで、全力で『うんこ~』って叫ぶ」

と、淡々とした表情で答えた。「はずれ」だったが、スタジオはざわつき、加藤さんは

  「新垣さんから『うんこ』という言葉を...ありがとうございます」

と嬉しそう。新垣さんは、ようやく笑顔を見せた。お笑い芸人でレギュラーの近藤春菜さんは、

  「キレイなうんこだったヨ」

と、不浄さを感じさせない、新垣さんのさわやかな発話に感心していた。

 番組レギュラーの2人だけでなく、ツイッターもこの言葉に反応。

  「新垣結衣のうんこを聞くとは思ってなかった、可愛いすぎた」
  「ガッキーの口から堂々な『うんこ』て初めて聞いた。衝撃的すぎて爆笑した」

と、驚いたり喜んだりする人が相次いでいた。

正解は「全裸で泳ぐ」

 もっとも新垣さんは今回、唐突に「うんこ」と言ったわけではなさそうだ。市村さんが出題前に話したエピソードで、幼い長男向けに作った紙芝居の中に「随分でっかいうんこだな」といったセリフを織り込んでおり、「うんこ話」は受けが良い、と話したことが念頭にあったのかもしれない。市村さんの「うんこ話」の時も、スタジオは盛り上がりを見せていた。

 結局、質問の正解は「全裸で泳ぐ」だった。これで市村さんの「羞恥心」はとれたそうだが、新垣さんも、テレビで「うんこ」と言っても平気な程、鍛えられたハートの持ち主のようだ。

【関連記事】

  • 新垣結衣、YouTuberデビューに「ガッキー神や」 ラストシーンはスタッフも大興奮
  • ローラ人魚になる 「生まれて初めて本物みた」
  • 横野レイコ、貴乃花めぐる「嘘」発言から5日後に謝罪 東国原「僕まで怒られて。えらい迷惑」
  • 4人に1人が「カレーに入れてほしくない」と答えた、あの定番の具とは?
  • 若者ツイッターユーザーは「負け組」 ズバリ言い切ったのは何とツイッター社
生放送