中川翔子 LAでのアニソン歌唱がきっかけ「海外でも仕事をしたい」

 タレントの中川翔子(33)が10日、都内で行われた「ラプンツェル ザ・シリーズ/コロナの壁を越えて」日本初放送の全国プロモーション出陣式に出席した。

 BS、CS放送や全国のケーブルテレビなどで放送中のディズニー・チャンネルは今年開局15周年。それを記念して「ラプンツェル――」を日本で初めて放送するとともに、映画からテレビアニメーションまで主人公ラプンツェルの声を務める中川が、12月から1年間、全国4か所でプロモーションを行う。

 中川は「ラプンツェルに出会えたことで、たくさんの夢が星座のようにつながってワクワクしています。2010年秋に初めて演じ7年の時がたち、続編を演じさせていただいてうれしいです」と喜んだ。

 今作ではラプンツェルがお城の外の世界に飛び出し、様々な冒険をする物語。初めて仕事をしたり、恋愛をするが、ポジティブにその壁を乗り越えていく。そんな主人公に中川も刺激を受けたようだ。

「私は子供のころからアニメソングを歌うことが夢だったんですよ。それが10年前、米国・ロサンゼルスで7000人を前に歌うことでかなった。そして今年の夏もまた行うことができました。この10年間、くじけそうになったりしたこともありますが、続けてきてよかったし、改めて海外でも仕事をしたいと決意しましたね」

 サブカルチャーに精通するタレントとして際立った個性を放つ中川。今後も活躍しそうだ。

「ラプンツェル――」は20日午後6時からディズニー・チャンネルで放送される。

【関連記事】

  • 乃木坂・齋藤飛鳥の出演映画で“オッサンたち号泣”の珍現象
  • 「希林ロス」心配無用 内田裕也が声を荒らげた瞬間
  • 爆笑太田が週刊新潮との訴訟で本当に訴えたいこと
  • 有村架純「中学聖日記」女教師×男子生徒の“禁断愛”にネット上で「ドキドキ」「逆設定なら叩かれそう」
  • 中川翔子 、 ディズニー・チャンネル 、 テレビアニメーション を調べる
海外