目立ち始めた稚拙さ キムタク次女コウキは“軌道修正”が急務

Koki,(C)日刊ゲンダイ

 Koki,(15)の躍進が目覚ましい。

 5月にファッション誌「ELLE JAPON」で、衝撃的なモデルデビューをしてから4カ月が過ぎた。

 その間、8月には「ブルガリ」の“アンバサダー”に日本人として初めて、さらに史上最年少で就任。彼女のインスタグラムのフォロワー数は5日現在で130万人を超えている。

 そして、先月には「シャネル」の“ビューティーアンバサダー”に就任。続けて、初CM出演が決まった。CMの発表会には100社、140人の報道陣が集まり、注目度の高さを見せつけたのだが…。

「彼女に関しては、デビュー直後から批判的な声は若干ありましたが、ここにきて急に増えているようにみえます」(ネットニュース関係者)

 ブルガリに続いてシャネルの“アンバサダー”に就任したのもよくなかったみたいだ。

「どちらも世界的な高級ブランドで、競合していますから、同時に、両方の広告塔になるというのは、普通は考えられないことです。たとえばコカ・コーラとペプシコーラの両方のCMに出るようなものでしょう」(広告代理店社員)

 それが許されてしまうところが彼女のすごさなのかもしれないが、ブランド側に対しても、“ブルガリアン”や“シャネラー”からもこんな厳しい意見が発せられている。

「アイドルの子どもで、まだ高校生の小娘ですよ。ブルガリやシャネルのイメージにそぐわないじゃないですか。ブランドイメージが下がります」(ブランド好きの主婦)

 Koki,の場合、アンバサダーといっても、世界的なものではなく、国内向け、あるいはイベントの時だけの一時的なものだという。

 それをまるで、ブランドを背負って立つ専属モデルにでもなったかのように、祭り上げたマスコミの責任も大きいと思うが、新CM起用についても疑問が投げかけられている。

 Koki,が出演するのは大塚製薬が新発売した清涼飲料水「ボディメンテドリンク」。この商品のコンセプトは、〈夢に向かって頑張る人を応援したい。努力と結果をつなぐサポートをしたい〉となっている。

 Koki,も夢に向かって頑張っているはずだが、ネット上では〈恵まれた環境にいる人は夢を実現しやすいんじゃないか。頑張ってる感が少ない〉〈置かれている環境が特別で、普通の人に比べたら、そんなに努力しているとは思えないから共感できない〉などという声が上がった。

 さらに〈思っていたほどかわいくない〉〈オーラも感じない。普通の子だね。彼女よりかわいい子はいっぱいいるから、やっぱり親の力ね〉〈しゃべらせたら、ダメだった。スター性も感じられない〉などと、ケチョンケチョンだ。

■キムタク夫妻には“アンチ”も多い

 どうして、こんなにケチをつけられ始めたのか。

「Koki,は、おそらく母親の工藤静香がプロデュースしていると思われますが、方向性を間違えてしまったように思えます」と、芸能プロダクション幹部がこう続ける。

「最初にファッション誌に登場した時は、どこの誰かも分からない、無名の新人という触れ込みでした。ですが、記事中にはキムタク・静香の娘だと匂わせる記述があり、すぐにスポーツ紙の報道で2人の娘だと判明しました。それは初めから仕組まれたことでしょうが、ミステリアスな存在で通した方がよかったと思います。その方が話題性もカリスマ性も維持できたと思います」

 その後、静香はライブのMCなどでKoki,に触れることも多く、木村もついに娘について触れた。そして、Koki,の露出は目に見えて増えている。

 娘を売り出すために、両親のブランド力を活かそうとしたのだろうが、それが裏目に出たようだ。これでは、たとえ親がスーパースターでも、単なる2世タレントとそれほど変わらない。そして、どうも大事なことを忘れていたように思える。

 彼女の両親は偉大であって、ファンも多いが、ほかの2世の親に比べて“アンチ”もかなり多いということだ。

 また、彼女の実力は未知数ではあるが、会見を見る限り、稚拙さは隠しきれない。まだ15歳でデビューして、数カ月しかたっていないのだから、それは致し方ないだろう。しかし露出が増えれば、ボロも出てくるだろうし、どうしても親のごり押しが強いのだろうと取られてしまう。

■会見で漏らした「お昼間」という言葉

 そういえば、会見でのコメントで「お昼間」という言葉を使っていた。“お昼”でも“昼間”でもない、違和感がある日本語だが、実はライブにおける静香のMCの中で、この言葉がよく出てくる。

 それはさておき、このままでは、人気も注目度も失速が危ぶまれる。

 まだ15歳。先は長い。そんなに急ぐ必要もなかろう。

 軌道修正するなら、希少価値で興味を持ってもらえている今のうちだ。モデルならモデルで、世間が納得するような実力が付くまで修行してもいい。中途半端マルチタレントのままでは飽きられてしまう。修行に励んでいる間に“アンチ”も減るに違いない。

(芸能ジャーナリスト・佐々木博之)

【関連記事】

  • 今度はブルガリの“顔” キムタク次女コウキに試される実力
  • シャネルも認めた? キムタク次女コウキのインスタ発信力
  • キムタク次女コウキ起用 ブランド側の決断は世界では普通
  • 吉澤ひとみの一件で…“クルマ好き”のキムタクに注意喚起が
  • キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差
日刊ゲンダイDIGITAL