初主演舞台に挑戦 サヘル・ローズさんがさらけ出す弱さと心の闇

サヘル・ローズさん(C)日刊ゲンダイ

 テレビ、映画で活躍する女優サヘル・ローズが初の本格的主演を務める新宿梁山泊第64回公演「恭しき娼婦」が10月10日から始まる(池袋・東京芸術劇場シアターウエストで14日まで)。

 男たちの野望や時代に翻弄される一人の女を描いたもので、原作はフランスの文学者サルトルの小説。

「演出の金守珍さんから今回のお話をいただいた時はとってもうれしくて信じられないくらいでした。日本では2つの国籍を持つ“ダブル”の方の活躍の場は比較的あるように思いますが、私のような外国人の“居場所”は少なく、ずっと悔しい思いをしてきました。3年前に金さん演出の『新宿版千一夜物語』に出演した時に『いつかサヘルを主役にしたシリアスなものをやりたい』とおっしゃってくれたので、こんなに早く実現したことが夢のようです」

■「凄いものを見た」言ってくれたら

 ダークでハードな物語になるというが、覚悟のほどは?

「自分の弱さや心の闇も隠すことなく、それこそ素っ裸になってさらけ出さないと舞台が全部ウソになってしまう。それだけに怖さと不安はあります。8歳で日本に来て25年、これまでの人生の痛みやカサブタになったものをはがすのはつらいけど、舞台のためなら喜んでその痛みを受け止めたいと思います」

 約2時間の上演時間中、舞台に出ずっぱりとか。

「ピーンと張り詰めた一本の糸の上に立っているようなものですから、私がコケたらほかの人を道連れにしてしまう。稽古のたびにぐったりと死んだようになってます。でも、その緊張感が自分でもびっくりするくらい気持ちいいんですよ(笑い)。お客さまが『サヘルにしかできない凄いものを見た』と言ってくれたらこの上ない喜びです」

(取材・文=山田勝仁/演劇ジャーナリスト)

【関連記事】

  • 同じマンションで生活を…海老蔵&米倉涼子に復縁の可能性
  • "中田ジャパン"の視聴率もけん引?「副音声」が人気のワケ
  • TVドラマ初回直後にネットで“全話見せ” テレ東の戦略とは
  • 主演級女優8人でも…小泉今日子主演「食べる女」が大コケ
  • 岡田准一“殺陣”に開眼 映画「散り椿」で見せた接近戦の妙