相葉雅紀&小瀧望、名優たちのアドリブに「しどろもどろ」<僕とシッポと神楽坂・会見リポ(1)>

新ドラマ「僕とシッポと神楽坂」のイベントで特製みこしを担ぐ趣里、相葉雅紀、広末涼子、小瀧望(写真左から)

10月12日(金)スタートのドラマ「僕とシッポと神楽坂」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の番組発表イベントがドラマの舞台となる東京・神楽坂の赤城神社で7日に行われ、主演・相葉雅紀を筆頭に、広末涼子、趣里、小瀧望、イッセー尾形が登場した。

【写真を見る】マツタケをゲットし、大喜びの相葉雅紀&広末涼子&小瀧望

このイベントの詳細を3回に分けて徹底リポートする。

■ 「僕とシッポと神楽坂」の概要をおさらい!

本ドラマは、たらさわみちの同名漫画を映像化したもの。神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語。

達也は勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、獣医師・徳丸善次郎(イッセー)の下で働こうとするも、徳丸が達也に病院を任せて姿を消してしまうことから話は始まる。

■ ワン&ニャンの愛くるしさに会見もほんわか

まずは、広末、趣里、小瀧、イッセー、相葉の順で役紹介と共に5人が登場。広末の胸にはオギ(本名:ミーちゃん)が抱かれ、相葉はダイキチ(本名:アトム)と一緒に現れ、一般客からは「かわいい!」の声が上がる。

リードにつながれたダイキチは、相葉が立ち止まると相葉の顔を見上げ、お座り。集まったカメラマンたちにお尻を向けてしまう形になるので、相葉が前を向かせようと試みるが、絶対服従(?)で相葉に向かってお座りするのをやめないダイキチ。

相葉に抱っこをされたかったのか、やっと抱えてもらうとスッポリと相葉の腕の中に収まり、うれしそうな表情を浮かべた。そんな愛くるしい姿に、趣里、イッセーからは笑顔がこぼれ、会見場は早速和やかなムードに包まれる。

■ 小瀧望もついつい「お触り」

まずは、5人と2匹によるフォトセッションがスタート。2匹がカメラ目線を向けると、あちこちから「おお~!」「さすがタレント!」と歓声が。相葉は、あやすようにダイキチをゆっさゆっさと揺らしたり、広末はオギに声を掛ける。

小瀧も、カメラ目線は外さないが、こっそりオギに手を伸ばしナデナデ。4分間の撮影はあっという間に終了。

■ 主演・相葉雅紀のあいさつ

ダイキチ&オギが退席後、会見がスタート。相葉は「本日はお忙しい中、そして貴重な休日に朝早くからお集まりいただきありがとうございます。このドラマは、自分で言うのも何ですけど、究極の癒やし系ドラマだと思います。

高円寺先生や、獣医師が動物の命と真剣に向き合うところとか、神楽坂の愉快な仲間たちと(笑)繰り広げるヒューマンドラマだとか、かなり見応えのある作品になったと思います」とあいさつ。

続けて「金曜日の夜にですね、癒やしを与えられたらと。疲れている方ばかりではないと思いますけれども、疲れている方も、ペットを飼っている方も飼っていない方も、皆さんで楽しめる作品になっていると思いますので、ぜひ、よろしくお願いいたします!」と一礼。

■ キャストがドラマを猛アピール!「とにかく癒やし」

広末は「本当にほっこりする優しくて温かい、一週間の疲れを癒やしてくれる金曜ナイトドラマが出来上がったんじゃないかと思います。とっても心温まるヒューマンドラマなので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」、イッセーは「このドラマは今日の台風一過のような爽やかなドラマになったと思っております」と相葉同様にドラマの温かさをアピールした。

一方、小瀧は「本当にこのドラマは癒やしのドラマなんですけれども、僕が演じる獣医大生・堀川広樹が、ずっとこのドラマの邪魔ばっかりをするんです。

とにかく僕のキャラが本当にウザくて、熱くて、全面にやる気が出て、この僕がいなければもっとホッとする癒やし系ドラマなんですけど。皆さんの一週間のストレスのはけ口になればいいなと思っております」と自虐的に役どころを絡めて、来場者を笑わせた。

■ 相葉雅紀、会見場が「まさに“お祭り騒ぎ”」!?

そして、イベントはトークセッションへ突入。まずは会見場が「秋祭り仕様」になっていることが話題に。MCとのやりとりをほぼノーカットで紹介。

――先程も「お休みの中」とおっしゃっていましたが、これだけの方が集まってくださいました。

相葉:本当にありがとうございます! この神社の皆さんも協力いただいて、すごいですね。射的があったり、ヨーヨーがあったり、まさに“お祭り騒ぎ”でありがとうございます。

――何か、お祭りの思い出はありますか?

相葉:僕、お祭りが大好きで、地元が千葉なんですけど、千葉にいる時は、お祭りによく参加して、おみこしを担いだりしていました。懐かしいなって感じがしますね。

――紅白の提灯が掛かっているとワクワクする感じもありますよね。

相葉:しますよね~! これがいいんですよね。こういう風景を見られてすごい光栄です。

お祭り色に染まった神社にご満悦の相葉。次のお題は、「神楽坂」について。

■ 広末涼子、神楽坂人気に驚き「こんなに人が多いのか」

――このドラマは神楽坂が舞台になっていますが、撮影した時の雰囲気はどうでしたか?

相葉:すごいおしゃれですよね。この赤城神社さんもそうですけど、ガラス張りの神社なんて僕、初めて見ましたし。

こういう(現代的な建物)のもあれば、石畳で風情のあるところや、古民家を改築してカフェをやっていたり、すごく活気のあるいろんな顔を持っている街だなと思います。

広末:台本を頂いた時は、「古き良き風景の中」で「歴史ある」っていう雰囲気で撮影をしていくんだなと思っていたのですが、いざ神楽坂にロケで来てみたら、こんなに人が多いのかと驚きました。

お話を聞いたら、外国人観光客の方だったり、すごく今人出が多いみたいで。だから、お店もどんどん変わっていっている。でも、それが、相葉さんおっしゃったみたいに、昔のものと新しいものの融合がすてきに形になっていっている街だなと感じました。

■ イッセー尾形「神楽坂の皆さんは、ロケにも浮足立たない」

小瀧:神楽坂は今回のドラマのロケで初めて来させていただきました。来るまでの印象はとにかく「大人の街」。だけど、全然そんな事なくて、若い方も、外国人観光客の方もいらっしゃって。

今ってすごい時代が新しくなっていくというか、どんどん進化していく中で、日本の良さをちゃんと残してる街なんだなという印象を受けました。

――関西ご出身ですから、東京にこんな町並みがあるというのは意外でしたか?

小瀧:そうですね。だから関西地方で言うと京都に街並みが似ているかなという印象です。

イッセー:だいたいロケをやっていても、こちら(神楽坂)の皆さんは浮足立たないですね。「あ、なるほど。ロケね」みたいな、大人な雰囲気です。

街は、非常にすてきな店がいっぱいあって、それでいて昭和なんですね。どことなく私の世代に合うような懐かしさもあって、今度ゆっくりプライベートで歩きたいなと思いました。

――相葉さん、総じて神楽坂はすてきな街ということですね?

相葉:ですよね。そう思います。僕も、あまり来たことはなかったんですけど、今回知って「もっと来たいな」と思いました。

神楽坂の魅力はそれぞれのキャストが語り尽くせぬ様子。そして、本ドラマは6月から始まったことにちなみ、厳しい暑さの中の撮影エピソードが語られた。

■ 撮影中大変だったのは酷暑よりも…

――今日も暑い中の会見ですが…

相葉:そうですね。暑い中(お集まりいただいて)すみません!

――撮影されていた時は、もっと暑かったと聞いたのですが、大変な事などありましたか?

相葉:大変な事ですか? …大変な事は特になかったですよ、撮影していて。何かストレスになる事もなかったですけど…。え? あります?

広末:すっごい暑かったよ。相葉くん、すっごい汗かいていましたよ。

相葉:いやいやまあまあ、汗はかいたけど、大変な事じゃないですよ! 僕は、イッセーさんのアドリブの方が大変でした(笑)。

シーン始まって最初のうちは台本通りにやってくれるんですけど、途中からなんか「あれ? あれ?」っていう感じでね?

イッセー:そお?(笑)

相葉:イッセーさんと、あの…いない人のこと言うのはアレですけど、村上淳さん。この2人は本当にひどいです! アドリブが。

――一緒にやる方は大変ですね(笑)。

相葉:あれ、皆さん被害に遭ってないですか?

小瀧:大変でした! 僕は村上淳さんとのシーンが特に最初多かったので、もう、しどろもどろでした。

相葉:ふふふふ(笑)。ね!

小瀧:でも、(演技の)先輩っていう姿を見せてもらいました。

相葉:楽しいんだよね。勉強になりました。

小瀧:僕も楽しかったです!

イッセー:相葉くんたちは「何やっても許されるな」と思っちゃうんだよね。

相葉:いや、どういうことですか(笑)。よく分かんないけど!

イッセー:癒やされるなあって、さ。

相葉:本当ですか? いやいや。本当に先輩たちのアドリブが勉強になりました。

■ 広末涼子「相葉さんは汗をかいても爽やか」

――そのシーンも含めて、楽しみにしていただけたら、ということですね?

相葉:そうですね。話は戻りますが、暑さは大変でした?

広末:いや、暑さは本当に大変でした。10月期のドラマで夏のシーンじゃないのに、セーター着たりとか。でも、相葉さんは汗かいても爽やかだから…

相葉:いやいや、そんなことはないです(笑)。

広末:「代謝いいんだなあ」と、見ていて思っていました。

神楽坂という街で共に猛暑とベテラン俳優のアドリブ攻めを乗り越え結束を固めてきたキャストたち。会見リポート第2回では、秋のお祭りを堪能する5人と、再登場したかわいい2匹の様子をお届けする。

(ザテレビジョン)

ザテレビジョン