同じマンションで生活を…海老蔵&米倉涼子に復縁の可能性

米倉涼子と市川海老蔵(C)日刊ゲンダイ

 市川海老蔵(40)が長女の麗禾ちゃん(7)と長男の勸玄君(5)を連れて、9月上旬に麻布十番の老舗たい焼き屋を訪問する姿を「フライデー」(9月28日号)が報じた。

 この日の東京は気温が35度を超える猛暑日。勸玄君に手を引かれるように、たい焼き屋の暖簾をくぐったのだろう。

 駐車場に車を止め、親子3人で麻布十番の商店街を歩くと、通りすがりの買い物客らが“海老蔵、頑張れよ!”とか“勸玄君、可愛い!”と口々に声を掛けていたという。

 一部メディアは海老蔵の第13代団十郎襲名の時期をマジメに探っているが、今の海老蔵の関心事はそれよりも、自らが専門委員を務める東京五輪の成功なのだという。

 未発表だが、海老蔵は、東京五輪の晴れ舞台で、狂言師の野村萬斎と歌舞伎との“コラボ”を披露する。これを「最大の楽しみ」と関係者に漏らしている。年齢は野村の方が海老蔵よりひと回り上だが、作品づくりの現場では、海老蔵が積極的にアイデアを出しているという。

 そんな海老蔵の周辺から自然と漏れてくるのが“再婚”の話題だ。妻の小林麻央さんが34歳の若さで急逝してから1年3カ月が経過する。襲名披露を控えて「そろそろ」を期待する歌舞伎ファンもいるという。

 後援者との歓談の席で、海老蔵は「東京五輪は家族4人で迎えられたらいいですね」と話題を振られ、「ご縁があれば」と否定も肯定もしなかったことが報じられた。マスコミはこの情報に尾ヒレをつけようとしているが、専門委員会の関係者によれば、海老蔵は「特にこだわりはない」と語ったそうで、再婚を急いでいる様子はうかがえない。

■海老蔵に問いただすと…

 しかし、歌舞伎界きってのモテ男が、このまま枯れていくはずもない。前妻の喪が明けた前後から、“相手候補”として複数の女性の名前がうわさされては消えた。実は、冒頭の麻布十番での家族だんらんのシーンも、新恋人探しの延長線上にあった。複数の女性の中でも芸能マスコミが狙いを定めているのが、あの米倉涼子との“復縁”だ。前夫と離婚してから2年が経過する米倉が“再婚”するとしても、何ら障害らしきものはない。

 あるテレビ関係者は米倉の気持ちを代弁して、「いつでもウエルカム! の状態だってさ」と私に耳打ちした。さらに、海老蔵親子は現在、渋谷区内のマンションに居を構えているが、偶然なのか、同じマンションに米倉の部屋もあるという。

 過去に結婚寸前までいった元交際相手と同じ屋根の下で暮らしているとしたら、あらぬ誤解を招いたとしても不思議ではない。

「同じマンションに住んでいれば、2人の子供を寝かしつけたあとに、相手の部屋に行くことだってできます」(芸能関係者)

 にわかに、海老蔵の新恋人探しが熱を帯びているわけだ。

 もっとも、ある五輪関係者が米倉との復縁の可能性について、海老蔵に問いただしたところ、本人は鋭い目でこう答えたという。

「若い女の子ならいざ知らず、(散々遊んだ)年上の女性とやり直すと思いますか?」

 海老蔵は、うまくけむに巻いたつもりかもしれないが、もしかしたら年内にも決定的スクープが出る可能性がありそうだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

【関連記事】

  • ギラギラ感が消えて…“お父さん”に変貌した織田裕二の今
  • 希林さん告別式でも注目 宮沢りえの喪服をマナー講師診断
  • 葉巻やワインを教え…貴乃花に知恵つけた景子夫人の大誤算
  • 「結婚なし」で冷めた? 剛力&前澤社長に吹く“すきま風”
  • 女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”
海老蔵&米倉涼子