投げキッス&ダンス&MCまで 吉沢亮が映画「あのコの、トリコ」初日舞台あいさつで魅力を全解放しファンを“トリコ”にしまくる

(写真:ねとらぼ)

 映画やドラマに引っ張りだこの俳優・吉沢亮さんが主演を務めた映画「あのコの、トリコ」が10月5日に公開。初日となった同日、都内で舞台あいさつが行われ、共演者でヒロイン役を務めた新木優子さんと話題のトリコダンスを披露したり投げキッスをしたりと、劇場に訪れたファンたちを“トリコ”にしました。

【画像:投げキッスをする3人(2枚)】

 白石ユキさんによる同名漫画を実写化した同作は、地味で冴えない男子高校生の鈴木頼(吉沢さん)が思いを寄せる立花雫(新木さん)のために変わっていく姿を描いたラブストーリー。女性視点が多い少女漫画には珍しく、男性視点の“シンデレラストーリー”となっており、映画やドラマで多彩なキャラクターを演じる吉沢さんが地味なメガネ男子を演じることでも注目を集めていました。

 公開初日舞台あいさつには吉沢さん、新木さんをはじめ、主人公のライバル・東條昴を演じた杉野遥亮さん、監督の宮脇亮さんが登壇。高倍率での申し込みがあったという上映会終了後、初めてイベントで3人そろったというキャストに黄色い歓声が飛び交い、吉沢さんは「みなさんの表情を見て安心しました」と映画のできばえに胸をなで下ろし、新木さんは「天気が心配でしたが、完売ということでうれしいです。皆さんのおかげです!」と感謝の言葉を述べ、杉野さんも「撮影から1年半温めてきて、この盛り上がりを見てうれしいかぎりです」と喜びをあらわにしました。

 監督が撮影期間のことを、「昔すぎてあんまり覚えてない……」ととぼけ、キャストがイジるという仲むつまじい雰囲気が漂う中、映画のテーマにちなんだ「映画ヒットのためならなんだってできる!」トリコBOXから選んだ指令に挑戦。動画アプリTikTokでトータル1500万回再生超と話題となった“トリコダンス”を披露してほしいという要望に、吉沢さん新木さんコンビがキュンキュンが止まらないかわいらしい踊りを披露し、杉野さん宮脇監督という謎コンビが会場の笑いを誘うなど、大盛り上がりに。

 続けて、「投げキッスをしてほしい」というファンにとってはありがたい指令に、嫌がる監督を含めた4人が挑戦。投げキッスをした後、新木さんが照れ笑いを浮かべた一方で吉沢さんはその顔面をフル活用したキザな投げキッスを披露。杉野さんに「アレンジがすごい」とつっこまれる中、会場は「キャーーー!!!」と悲鳴に似た歓声が響きわたりました。

 「吉沢さんにMCをしてほしい」という指示には、「えー、それではここから私吉沢亮が進行を務めさせていただきます」と流ちょうな司会進行で笑いを誘った吉沢さん。共演者の印象を「かっこいい2人が……」と謙遜した杉野さんに、「いやいや、杉野さんだってねーかっこいいじゃないですかねえ。なぁに言ってるんですか」とツッコミを入れる余裕を見せつつも、「何もしないとこのとおりキラキラがあふれでてしまうんですけど、それを隠して演じていました」と褒められ照れ笑いを浮かべ、監督からも「この顔面を持って、お芝居が非常に繊細でずるい」と称賛され、「なるほど、ずるいですねえ」とキリッとした顔でとぼけるなど、新たな才能を開花させていました。

 さらに終盤では、公開初日の10月5日が“誰かをトリコにする恋愛の日”ということで日本記念日協会から「トリコの日」と正式に認定されたことが発表され、キャスト陣は「すごくないですか?」と驚きの表情。最後には、舞台あいさつでさまざまな表情を見せ、魅力を全解放した吉沢さんが、「この映画が日本中をトリコにする作品になれるといいなと思います」と呼びかけました。すでにトリコになった。

ねとらぼ

【関連記事】

  • 吉沢亮&新木優子、2人でハートをつくるダンス動画が100万再生超の大反響 ファンを“トリコ”にする
  • 新木優子&吉沢亮&杉野遥亮、幼なじみ3人の“プリクラ風”ショットが三角関係なのを忘れそうなほど仲良し
  • 吉沢亮の後ろからハグに桜井日奈子ガチ照れ……! 映画「ママレード・ボーイ」コンビがキュンキュンふりまく
  • 「まだまだ制服着ますよ」 中川大志、神木隆之介との “大人になった制服姿 ”にしみじみ
  • 「自分の健加減を自覚せえ」 佐藤健、「千鳥」ノブのインスタ登場でツッコミを浴びまくる
らぼ