【インタビュー】“日本一美しい32歳“竹内渉は顔より断然お尻推し! 初写真集の表紙も攻めた

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 “日本一美しい32歳“竹内渉)

昨年に「日本一美しい31歳」として話題になったタレントの竹内渉。インパクトの強いキャッチフレーズを少し重荷に感じている彼女だったが、日々鍛えているという“お尻“に関しては、自信があるようだ。

“ヒップクイーン“、美尻トレーニング法をカメラの前で実践>>

【インタビュー】“日本一美しい32歳“竹内渉は顔より断然お尻推し! 初写真集の表紙も攻めた(トレンドニュース(GYAO))

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 “日本一美しい32歳“竹内渉)

■初の写真集は、顔よりもお尻推し

――6月に誕生日を迎えて32歳になりましたが、“日本一美しい“のキャッチフレーズはまだ使われているのですか?

竹内:「それが使われてるんですよ! 正直、荷が重い(笑)。もともと週刊誌に載ったときに生まれたフレーズなんですが、それ以降もいろいろなところで使われています。もちろん言われてうれしくないと言えばうそにはなりますが、私が生まれた1986年は北川景子さんや石原さとみさんなど、特に美しい方が多いので恐縮しちゃいますね。6月に誕生日を迎えたので、ようやく言われなくなるとホッとしていたのですが、こないだ見事に“日本一美しい32歳“って使われてしまっていました。

『全然日本一じゃなくない?』みたいなことは散々言われています。友達からも、『出た。日本一!』とかすごいイジられます(笑)。ただ、“日本一美しい32歳“は、別に顔が美しいとは言っていないので、私の中では“日本一お尻が美しい32歳“と捉えるようにしています(笑)」

――体のパーツで1番自信があるのがお尻?

竹内:「私は2015年~2017年の2年間、韓国でタレント活動を行っていました。韓国は日本よりも体を鍛える文化が根付いているので、そこでトレーニングする習慣がつきました。1年くらい前からは、お尻を中心に鍛えるようにしているので、自信はあります。鍛える前よりサイズも5~6cmくらいはボリュームアップしていて、今は94cmあります。ちょっとサボるとすぐにしぼんじゃうので、空き時間とかにマメに鍛えるようにしています。顔よりも、断然お尻を見てほしいですね(笑)。

7月に初めての写真集(『Queen・hip・rose......しり染めし頃に......』ワニブックス)を出したのですが、それもお尻推しです。表紙は顔がほとんど見えないお尻を強調した写真を選びました。色んな方に『最初なんだから顔は出した方がいい』と止められましたが、『お尻でお願いします!』って押し切りました(笑)。ずっとお尻を押し出した写真集を出したかったんです」

次ページは:■恋愛テクニックもお尻

1/2ページ

【関連記事】

  • 美女タレント、30歳を過ぎて変化したこと「よく言えば、エロい体になった。とろん、たるっ......というか」>>
  • 32歳に見えない美肌......「すっぴん」画像を公開>>
  • 男性が胸元をみる視線を女性はどう思っている?「自己責任で」>>
  • 後藤真希、夫とのツーショット写真をテレビ初公開......実は一度破局していた(10月17日(水) 19:55)>>
  • 美ボディモデル、7年間で体形激変......自慢のヒップは「バリーン! ってなってる」!?>>
トレンドニュース