なぜ貴乃花は理事長になれなかったのか 故・北の湖との決定的な違い

貴乃花親方(2018年9月25日撮影)

 日本相撲協会を2018年10月1日付で退職した元貴乃花親方。平成最初で最後の一代年寄として将来を嘱望されながらも志半ばで角界と決別した。現役時代、22度の幕内優勝を誇り、角界の屋台骨を支え続けた平成の大横綱は、ついに協会のトップに就くことは出来なかった。

 長い相撲の歴史の中で協会から一代年寄を与えられたのは、大鵬、北の湖、貴乃花の3人だけである。一代年寄とは、協会が現役時代に多大な功績を残した力士に与えるもので、本人一代に限って有効な年寄で、千代の富士は協会からの授与が決まっていたが、本人の意向により辞退した。

 一代年寄で初めて協会のトップに登りつめたのが北の湖親方だった。大鵬と北の湖、事実上の一代年寄の千代の富士はすでに鬼籍に入っており、元貴乃花親方が唯一、生存する一代年寄だった。その元貴乃花親方が協会を去り、現在、角界に一代年寄は存在しない。

■現役引退後の明と暗

 現役時代、北の湖、貴乃花ともに大横綱として綱を張ってきた。北の湖は強すぎる横綱として、大鵬の「巨人・大鵬・卵焼き」に対して、「江川・ピーマン・北の湖」と揶揄されたほど、憎らしいほど強い横綱だった。一方の貴乃花は、実兄・若乃花と若貴ブームを巻き起こし、低迷していた平成の土俵を盛り上げ続けた。

 現役を退いてから協会における出世のスピードもまた同様に順調だった。北の湖は引退から3年後、貴乃花は5年後に審判部副部長に昇進。理事になったのは貴乃花の方が早く、引退から7年目での異例の出世を果たしたのに対して北の湖が理事職に就いたのは引退から11年後のことだった。

 理事就任後、順調に出世街道を歩んで理事長の座をつかんだ北の湖。対照的に貴乃花の理事での職は、審判部長が最高で、2018年の理事選では票を集めることが出来ずに落選。その後は弟子の不祥事などもあり平年寄まで降格した。

 北の湖は「情」の人と言われる。あまりの強さからファンからはヒールと見られていたが、先輩力士には礼儀を欠かず、後輩に対する面倒見がよく、力士の仲間内では人望が厚かった。

 北の湖を象徴するエピソードがある。

 引退直後、師匠の三保ヶ関親方が、実の父と1日違いで亡くなった。同じ日に葬儀が行われることになったが、北の湖は「(三保ヶ関親方は)自分にとっては親以上の恩人」として、父の葬儀を欠席した。

 また、輪湖時代を築いたライバル輪島に対しても最後まで気遣った。年寄株問題で角界を去った輪島に、相撲を忘れてほしくないという思いから毎場所、番付表と取組表を送り続けた。協会を追われるような形だった輪島は、北の湖の心遣いに感謝し、番付表と取組表を大事に保管しておいたという。

次ページは:千代の富士とも共通した弱点

1/2ページ

【関連記事】

  • 貴乃花に「圧力」かけたのは誰なのか 「耐え難き仕打ちの数々」新告発も
  • 貴乃花親方の廃業で浮き彫り 歴代横綱を退職に追い込んだ日本相撲協会の体質
  • 池坊保子「爽やかに第二の人生歩んでください」 貴乃花へのエール?どこか「冷たい」?
  • タトゥーを入れて「9割」が後悔、月100件以上の除去相談も 美容外科調査
  • 「パートが、仕事が終わらないのに帰る」「仕方ない」「無責任」どっち? 専門家に聞いた!
理事長