声優・小清水亜美「公開説教」騒動 失言スタッフに怒りも…「大人げない」指摘で反省

「亜美と杏樹のディナータイム」公式ページより。左が小清水さん

 人気声優の小清水亜美さん(32)が、ネットラジオ番組のスタッフに「何を言っているか分からない」「プロとしての意識を持って」などとツイッター上で怒りを露わにする騒ぎがあった。

 ファンも目にするSNS上でのイザコザに、リスナーらからは「プロ失格」などと双方の言動を批判する声が続出。こうした厳しい反応を受け、小清水さんは「ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません」と謝罪している。

■「私を信頼してないなら何故...」

 小清水さんは2003年、女児向けアニメ「明日のナージャ」のヒロイン・ナージャ役で声優デビュー。「コードギアス 反逆のルルーシュ」の紅月カレン役や、「スイートプリキュア♪」のキュアメロディ役などで知られる有名声優だ。

 そんな小清水さんは18年9月25日、出演中のネットラジオ番組「亜美と杏樹のディナータイム♪」(ニコニコチャンネル)スタッフの言動に、ツイッター上で不快感を爆発させたのだ。

 きっかけは、ラジオの生放送企画(通常は収録放送)の告知を受けて、リスナーの1人が、小清水さんの生出演を不安視するツイートを寄せたこと。これにスタッフが、番組の公式ツイッターで、

  「で、ですよね...。スタッフもそこが...」

と同調。笑顔の絵文字を付けるなど冗談めかしながらも、心配気な調子でリプライ(返信)を送ったのだ。

 この一言が、小清水さんの怒りに火を点けたらしい。25日未明のツイッターに、「あはは、スタッフさん私を信頼してないなら何故生放送依頼したのでしょう?」と皮肉気な一言を寄せたのだ。

 本人からのこうした反応を受け、発端となった投稿を寄せたリスナーが謝罪をすると、小清水さんは「リスナーの方がそう思っても問題ないのです!だから、お気になさらず」と返信。しかし、スタッフに対しては、

  「心配させるような返信するスタッフさんを見て、私スタッフさんにまで信頼されてないのだなと悲しくなった」

とぼやいていた。

次ページは:「プロとしての意識を持って行動を」

1/2ページ

【関連記事】

  • 声優・明坂聡美「行きたいんだよ嫁に!!!!」 友人声優の結婚ラッシュに絶叫
  • コミケ帰りのオタクが異常に臭いワケ 車内で吐き気などツイッターに悲鳴、苦情続々
  • りんかい線「オタクの異臭騒ぎ」だけではなかった。 「コミケで買った本を車内で見ないで」の意味とは?
  • 「ヤンキーが多い県といえば?」投票の結果が圧倒的すぎて笑えない
  • 女性のオシッコ、正しい「拭き方」知ってる? 「目から鱗」「逆をやってた...」と大反響
反省