本人否定も…「協会寄り」イジられる横野レイコ氏 「代弁者じゃないんですか?」

貴乃花親方への評価をめぐりバトル?(2018年9月25日撮影)

 貴乃花親方の「引退」問題をうけ、リポーターの横野レイコ氏の報道姿勢に対して社会学者の古市憲寿氏が「(相撲協会の)代弁者じゃないんですか?」とツッコミを入れる一幕があった。

 「とくダネ!」(フジテレビ系)でのやりとりで、これに対し横野氏は「はい。ない」ときっぱり否定した。

■「私、別に協会寄りでも何でもなく...」

 2018年9月27日放送の「とくダネ!」では、貴乃花親方の引退をめぐる騒動の続報を伝えた。5人のゲストらが一列に並び、向かって左端に横野氏、その横に貴乃花の兄で元横綱の花田虎上(まさる)氏、さらに女性司会者をはさんで次に古市氏が座った。

 横野氏は、貴乃花について、決めたことは曲げない人物だと指摘しつつも、「今後も相撲に関わっていきたい」としていることを受け、

  「もしかしたら、協会に戻る可能性も全くないこともない、と期待しちゃったところもある」

と話した。

 そんな横野氏に古市氏は

  「横野さん自身は、貴乃花に協会にいて欲しいのか、それとも追い出せて嬉しいという感じ?」

と質問をぶつけた。古市氏は以前から、横野氏が貴乃花に批判的だと感じていたようで、4月19日放送の「とくダネ!」でも、貴乃花一門の看板を下ろすことになったことを受け、「貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか」と指摘し、複数のスポーツ紙(ネット版)がその模様を報じていた。

「私、別に協会寄りでも何でもなく...」

 古市氏の今回の質問に対し、横野氏は

  「そんなこと思うわけないじゃないですか」

と笑いながら否定し、協会に残ってほしいと思っていた、と説明した。2人のやりとりは続く。相撲協会が「一門に所属しないといけない」と申し合わせたことについて、横野氏が「急いでいるのかな、という印象を持っている」と否定的な見解を示すと、古市氏は

  「横野さんでさえも、嫌がらせに見えた?」

と、「さえも」と強調する表現を使って問いただした。横野氏が苦笑いを浮かべながら

  「そうですね。私、別に協会寄りでも何でもなく...」

と答えている途中で、古市氏は

  「(協会の)代弁者じゃないんですか?」

と追加質問。横野氏は

  「はい。ない。協会からお金もらっているわけでもないので」

と否定した。古市は「ふふ」と軽く笑い声をもらしながら聞いていた。このやりとりの間、2人にはさまれていた花田氏と司会の山﨑夕貴アナは、無表情で話を聞いていた。もっとも、横野氏は

  「貴乃花親方の行動でいけないなと思ったこともあるけど、今回に関しては協会も急ぎすぎた」
  「貴乃花親方も折れないところもあったりして、突っ張りすぎた両者が招いてしまった不幸」

と、協会への苦言と並列ながら、貴乃花の姿勢へ釘を刺すことも忘れなかった。

次ページは:日刊ゲンダイは「貴乃花の仮面を剥ぐ」緊急連載

1/2ページ

【関連記事】

  • 貴乃花「引退」に横野レイコ「手が震えてる」 ネット「嬉しくて?」
  • 貴乃花に「圧力」かけたのは誰なのか 「耐え難き仕打ちの数々」新告発も
  • 「クッパ姫」Twitterで大ブーム 非公式キャラ流行...任天堂「コメント控える」
  • 女性のオシッコ、正しい「拭き方」知ってる? 「目から鱗」「逆をやってた...」と大反響
  • 「職場で女性がカップやきそば」 幻滅した男性に非難集中
協会寄り