野茂英雄が“親友”佐野慈紀を借金トラブルで訴えていた

9/26(水) 16:00配信

野茂英雄 ©文藝春秋

 元メジャーリーガーの野茂英雄(50)が近鉄バファローズ時代のチームメイト、佐野慈紀(50)に対し借金の返済訴訟を起こしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】2003年、入団テストに挑む佐野を激励する野茂

「日本球界で敵の多かった野茂にとって、親友と呼べるのは佐野以外にいません。佐野は、2005年まで野茂が代表を務める『NOMOベースボールクラブ』の理事も務めていました。若い頃から髪が薄かった佐野は、投球時にわざと帽子を落とす“ピッカリ”投法で人気を集め、引退後も野球評論などで活躍しています」(元近鉄担当記者)

 訴状によれば、03年9月、野茂は佐野に対し、年0.3%の利息で3000万円を貸し付けたものの、10年後の期限までに佐野は434万5000円しか返済しておらず、野茂が残金の支払いを求めていた。

 東京地裁は、9月20日、野茂の訴えをすべて認める判決を言い渡した。

 野茂の事務所に取材を申し込んだが、「こちらからお答えすることはありません」とのことだった。

 一方の佐野は直撃取材に応じ、次のように語った。

「単純に僕が、えー返済が遅れて……。ここ何年かは返済できなくなっていた。今回は僕の不義理で、こんなことで、野茂に迷惑をかけてしまったというのが一番。僕としては、真摯に判決を受け止めて、しっかりと誠意をもって……」

 9月27日(木)発売の「週刊文春」では、借金訴訟に至るまでの経緯、佐野の50分にわたる懺悔告白を詳報している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月4日号

【詳しくはこちらでお読みいただけます】

【関連記事】

  • 【写真】2003年、入団テストに挑む佐野を激励する野茂
  • 日大水泳部がひた隠す悪質リンチ「後輩を馬乗りボコボコ」
  • 日大・田中理事長が報復人事を発令
  • 大谷翔平 エンゼルスGMが明かした“特別な才能”
  • バイブ万引き、当直室の肉体関係……北海道警「隠された不祥事」の実態
文春オンライン