安住アナ、樹木希林さんに「ありがとうございました」

9/22(土) 16:30配信

樹木希林さんをしのんだ

9月21日に放送された「ぴったんこカン・カン」(TBS系)は、2年ぶりの登場となった女優の石田ゆり子をゲストに迎えたレギュラー回に加え、当初の予定を変更して、9月15日に亡くなった、女優・樹木希林さんをしのぶ緊急3時間SPを放送した。

【写真を見る】誰からも愛され、記憶に残る女優として輝き続けた樹木希林さん

番組後半の追悼・樹木希林さんでは、2011年の初登場から6回にわたって出演した樹木さんの名場面をダイジェストで紹介し、最後の出演となった2018年5月回の貴重な未公開部分をオンエア。

中でも樹木さんの自宅を訪れた司会のTBS安住紳一郎アナウンサーは、樹木さんのベッド脇に飾られた1枚の額に注目。

これには、舞台・騎馬スペクタクル「Zingaro(ジンガロ)」のパンフレットに寄せた樹木さんの言葉が書かれており、この言葉に樹木さんは「役者にとって必要なことだなと思ってね“虚飾なく、観客に媚びず、威張らず、心をこめて歩き続ける”」と、自分に言い聞かせるようにしみじみ語った。

安住アナは「確かにそうですね。当たり前の感じで演じて、何かを見せようとするんじゃなくて、その自分が燃やしている炎でお客の心を鎮めて」と解釈し、樹木さんは「そういう演じ方ができたらいいかなぁと思っていたんですが、なかなかね、いかない。そういうふうにはね」とその言葉をかみ締めた。

「樹木さんが、なんとなく映画やテレビで表現したいことが、これを読むとすごいよく分かります」と安住アナがいうと、樹木さんは「そんなこと言っていただいて、申し訳…悪いわねちょっと」と恐縮。

安住アナが「最終的には虚飾のない美をもってトータルの答えとしたいってことですね」と付け加えると、樹木さんは「そうだねぇ」と納得していた。

「実際この生活がそれの一部を表してると思いますよ。うそじゃなく、本当にこんな洗練された暮らしをしている人がいるんだと思うとびっくりですよ」と安住アナが語ると、樹木さんは「う~ん、また他いっても言うんでしょ?」とツッコミを。

「もし他でも言ってたとしたら、ごめんなさい」と安住アナが笑いながら謝ると、樹木さんは「いいのいいの」とこれを許した。

最後は、安住アナが「出演者、スタッフを代表して忠信よりお悔やみを申し上げます。樹木希林さん、ありがとうございました。そしてさようなら」と、樹木さんに対して感謝の言葉を述べ、番組を締めくくった。

ネット上では「樹木希林はほんまにかっこええ人やったな」「歯に衣着せぬ物言い、ホントに好きだわ」「樹木希林さんやっぱり面白いわ。亡くなっのが本当に残念です」と樹木さんをしのぶコメントが多数寄せられていた。

次回の「ぴったんこカン・カン」10月5日(金)夜8時より、ゲストに春風亭昇太と有村架純を迎えて放送予定。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • ベテラン俳優も苦労「大変、せりふが長いから」
  • 米倉涼子、安住アナに告白?視聴者からは「お似合い」の声も
  • 木村拓哉、二宮和也のラフな装いにダメ出し「おまえ、嵐だぞ?」
  • 葉加瀬太郎「僕は割と雑草系のバイオリニスト」
  • 安住アナ、綾瀬はるか&佐藤健のおそろいスニーカーに気遣い?
安住アナ