海の生物すべてを操る『アクアマン』日本版予告公開

『アクアマン』ティザービジュアル

 映画『アクアマン』より日本版予告編が到着。映像では、俳優のジェイソン・モモア扮する主人公アクアマンが、人類の支配を狙う海底の巨大帝国と、海の生物たちを従えながら戦う映像が迫力たっぷりに描かれている。

【写真】アクアマン役を演じるジェイソン・モモア

 本作は、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のスタントチームとタッグを組んだアクション作。主演のジェイソンのほか、オスカー女優のニコール・キッドマン、ジョニー・デップの元妻としても知られる女優のアンバー・ハードら豪華俳優陣が脇を固める。

 人間として育てられた海底国アトランティスの末裔で、海の生物すべてを従えて戦うことができる男アクアマン。地上を越えるテクノロジーを持つ巨大なアトランティス帝国が人類の支配を狙い侵略を始め、アクアマンが人々を救うべく立ち上がる。

 このたび公開された予告編では、水族館で「こいつ魚と話してる」と友人にからかわれた少年が、巨大なサメを操るシーンから始まる。次いで「地球上のすべての魚がオレの味方」との言葉が映し出された後、筋骨隆々の肉体美を誇る男が登場し「そしてオレはこうなった」とクールに一言。アトランティス帝国の地上への侵攻を阻止すべく、さまざまな困難に立ち向かうアクアマンの姿や、海底の巨大帝国の圧巻の風景が次々と映し出される。

 映画『アクアマン』は2019年2月8日より全国公開。

【関連記事】

  • 【写真】「ニコール・キッドマン」フォトギャラリー
  • 【写真】「アンバー・ハード」フォトギャラリー
  • 【フォト特集】ジェイソンは3位! 2017年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP50
  • “すべての魚を味方にする男”『アクアマン』来年2月公開&ビジュアル解禁
  • 『クロウ/飛翔伝説』リブート版、主演俳優と監督がまたもや降板
クランクイン