窪田正孝&広瀬アリス、映画「モンスト」で初共演も息ぴったり 収録中は2人で“はだし”に

左から錦織博監督、カナタ役の窪田正孝さん、ソラ役の広瀬アリスさん

 映画「モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ」(10月5日公開)の完成披露試写会が9月14日に都内で開かれ、主人公のカナタを演じた俳優の窪田正孝さん、ヒロインのソラを演じた女優の広瀬アリスさん、錦織博監督が登壇しました。窪田さんと広瀬さんは、同作が初共演です。

【画像】イベントで公開された13年前の窪田さんと広瀬さん

 同作は、世界累計利用者数4500万人を超える人気スマートフォン用アプリ「モンスターストライク」を基に、完全オリジナルのストーリーとして紡がれた長編アニメ映画。13年前、突如として空へと浮き上がった“旧東京”と地上に残った“新東京”。物語は、2つの東京が存在する世界を舞台に、旧東京の地上落下を阻止するべく、謎の少女・ソラが右手の手のひらに不思議なアザを持つ青年・カナタを探しに地上へとやって来るところから始まります。

 キャストには、旧東京を地上へ落とそうともくろむ「解放戦線」のリーダー・センジュ役に山寺宏一さん、特殊な刀を持つヴァンパイア・トウヤ役に細谷佳正さん、その妹で巨大な棺桶(かんおけ)型の重火器を操るユウナ役に悠木碧さん、さらに松本梨香さん、杉田智和さんと実力派声優が集結。美麗かつ迫力あるシーンの数々は、テレビアニメ「宝石の国」などで知られるCGアニメーション制作会社「オレンジ」が手掛けています。

 同作では、キャストの声にあわせて映像を作っていくという「プレスコ」と呼ばれる形式を採用。声優初挑戦となる窪田さんですが、「お芝居しているような感覚で、動けてたらいいかなと思って」と、声の演技でも普段通りを意識したもよう。戦闘シーンでは、雑音が入らないように台本を置いて演技したとのことで、「うおー!」「ぎゃー!」と、身振り手振りで熱演を再現する一幕もありました。

 広瀬さんによると、完成した映像を初めて見たのは試写会の数日前だったそうで、「あ、こんな背景なんだとか、映像見て初めて、なるほどなって思うことがたくさんありました」とのこと。収録は服装が自由だったこともあり、お互い自分が持っている中で最もラフな格好で臨んだといいます。最終的には演技に力がはいり、2人ではだしになりながら演じたとのエピソードも明かしました。

 さらに、司会からお互いの演じたキャラクターと似ているところはあるかと聞かれると、広瀬さんは窪田さんとカナタについて「そっくりですよ。何にも染まっていないというか、どんな色にもなれるというような」と分析。一方、広瀬さんについて窪田さんは「アリスちゃんに会うと幸せになれる。歩くパワーストーンみたいな存在」とべた褒め。演技についても、「木漏れ日みたいな声で、僕は聞いていてすごく心地がよかった」と絶賛しました。

 またイベント中には、作品に関連して13年前の2人の写真も公開されました。現在30歳の窪田さんは、高校生だった17歳のころの写真が映し出されると、「お芝居を始めたてのころですね。お気に入りのイヤフォンをして、街中をイヤフォンして歩けばかっこいいだろみたいな。なんかノリノリで歩いていたら、いま、俺いけてるぜとか。調子こいた感じでしたね」と恥ずかしそうに告白。一方の広瀬さんは、バスケットボールに打ち込んでいた小学5年生のころの写真を披露。スカウトされる1年前の写真とのことで、小学生とは思えないほどキレイに整った顔立ちに、窪田さんからも「マジか。めっちゃ(顔が)完成されとるな」と驚きの声があがっていました。

ねとらぼ

【関連記事】

  • きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「キズナミ」、劇場版モンストの主題歌に
  • 「これすずちゃんじゃないの?」 “広瀬すずよりの広瀬アリス”写真にファン混乱
  • 窪田正孝、女性警官コスが予想以上の美少女感 ファン「ボブ似合ってる」「足ほそっ」
  • 「だから今の自分がここにいる」 広瀬すず、約6年間在籍の『Seventeen』卒業に感無量 姉・アリスへの思いも明かす
  • 実写映画「東京喰種」、窪田正孝演じる金木研のビジュアルが初公開 映画オリジナルのカネキマスクも
初共演