三浦春馬が減量して挑む主演舞台『罪と罰』ビジュアル解禁

舞台『罪と罰』

 俳優の三浦春馬が主人公の貧乏学生に扮する舞台『罪と罰』のビジュアルが公開。独自の思想から犯罪に手を染める主人公を演じるにあたって、減量して撮影に望んだ三浦の眼光鋭い姿が確認できる。

【写真】ダークで芸術的な『罪と罰』フォトギャラリー

 本作は、ロシアの文豪ドストエフスキーの長編小説『罪と罰』を、イギリス人演出家、フィリップ・ブリーンが舞台化した作品。三浦とは、フィリップが日本での演出家デビューを飾った2015年の『地獄のオルフェウス』以来、2度目のタッグとなる。

 帝政ロシア時代、頭脳明晰ながらも貧乏な青年ラスコリニフは、正義のためなら殺人を犯してもかまわないとする独特の理論を持っていた。その考えに基づき、強欲な金貸しの老婆を殺害するも、そこに偶然居合わせた老婆の妹までも殺してしまい、罪の意識にさいなまれることになる。

 ラスコリニフを演じるのは、フィリップが「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」と絶大な信頼を寄せる三浦。公開されたビジュアルでは、主人公の役柄に合わせ、三浦は減量して撮影に挑んだ。

 ほかに、退職官吏の娘で娼婦のソーニャ役に3年ぶり3度目の舞台出演となる大島優子、ソーニャの義理の母親カテリーナに麻実れい、ラスコリニコフを追いつめる国家捜査官ポルフィーリに勝村政信が扮する。さらに、ラスコリニコフの母プリヘーリヤを立石涼子、妹ドゥーニャを南沢奈央、親友ラズミーヒンに松田慎也、謎の男スヴィドリガイロフを山路和弘が演じる。

 舞台『罪と罰』は、2019年1月9日から2月1日まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、2月9日から17日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。

【関連記事】

  • 大島優子、本格復帰 三浦春馬と舞台『罪と罰』で初共演
  • 【写真】盟友・佐藤健との写真も!「三浦春馬」フォトギャラリー
  • 【写真】桐谷美玲も「いいね!」 三浦春馬&三浦翔平の“夏らしい”肉体美が話題
  • 橋本環奈&三浦春馬の“ダブルしゃくれ顔”にファン「破壊力半端ない」
  • 小栗旬、勝地涼の男気を絶賛 柳楽優弥は女装願望をカミングアウト、三浦春馬は!?
ビジュアル解禁