大坂なおみへの突飛な質問 長嶋一茂が苦言「テニス勉強して」

大坂なおみ選手

 テニスの4大大会・全米オープンで日本人初優勝を果たした大坂なおみ選手(20)の帰国会見で、テニスと無関係な質問が相次いだことに、元プロ野球選手の長嶋一茂さんが苦言を呈した。

 長嶋さんは「記者側がテニスのことを勉強して、テニスの質問を1つでもした後に」競技外のことを聞くべきと見解を述べた。インターネット上では「正論」との声が多くあがったが、「視聴者のレベルに合わせただけ」との意見もある。

■「アスリートであって、芸能人とは区別すべき」

 一茂さんは2018年9月14日放送の「羽鳥真一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演。13日の大坂選手の帰国会見について、「質問する記者も、芸能人に対して質問しているような印象。大坂選手はスポーツ選手、アスリートであって、芸能人とは区別すべきと思います」と苦々しそうに語った。

 会見では、「日本でカツと抹茶アイスクリームを食べたいと言っていたが食べたか?」「インスタグラムにどんな写真を掲載したい?」「海外の報道で、『古い日本人像』を考え直すきっかけになると言われているが、自身のアイデンティティ含めてどう考えているか?」といった、テニスや全米オープンと無関係な質問が続出。異様な雰囲気に包まれたセリーナ・ウィリアムズ選手との決勝戦について聞いたのは、海外メディアだった。

 一茂さんは番組で、「凱旋帰国して『あのセットの時はどういう心境だったか』とか、『ラケットはどういうものを使っているのか』とか、聞いてもらえると意思疎通できると思う」とし、

  「最初から身の回りのプライベートに来るのは...。記者側がテニスのことを勉強して、テニスの質問を1つでもした後に『インスタグラムどうですか』と聞くとか。あるいは、会見前に大坂選手にどういう話をしたいか聞いておいて、そこに誘導するようなことをしてからなら、まだ(分かる)」

と苦言を呈した。

 一方で「興味本位的なことを聞くのは分かります」「僕も大坂選手は何を食べてるのかとか、もちろん(興味)あります。スポンサーの記者会見だし、かしこまった会見とは違う」と、プライベート関係の質問に理解も示した。

次ページは:「そこに質問が集中するのは当然」

1/2ページ

【関連記事】

  • 桐島ローランド「未だ純血主義」「島国根性辞めて」 大坂なおみへの一部反応に苦言
  • 宮川紗江、会見の「重大疑問点」 速見コーチを引き合わせた人物が指摘
  • 池上彰氏、疑惑に「あってはならないし、ありえない」 「他人の意見を自分の意見に...」主張へ反論
  • セブンにある170円の「素晴らしい食べ物」、知ってます?
  • 4人に1人が「カレーに入れてほしくない」と答えた、あの定番の具とは?
テニス