吉高由里子に「大倉忠義と破局」報道 あの意味深ポエムと「時期」が一致?

吉高由里子さんのツイッターから

 2018年9月12日に「NEWSポストセブン」が報じた、女優の吉高由里子さん(30)と関ジャニ∞の大倉忠義さん(33)の破局報道。吉高さんと大倉さんといえば、「フライデー」の16年7月29日号で熱愛を報道されて以来、交際を続けているとされてきた。

 そんな中、吉高さんが以前にツイッターで披露した意味深ポエムに注目が集まっている。

■「年明け」が共通

 今回のポストセブン記事では、吉高さんの知人の話として、年明けに別れたようだ、といった証言を紹介している。

 吉高さんは以前からたびたび自作とみられる詩をツイッターで発表することで有名で、最近では8月16日未明に平和に関する詩をつづったほか、9月4日夜には台風についての詩を発表し、ファンから称賛を受けている。その吉高さんは、「年明け」ほどない1月7日昼過ぎに、何とも意味深な詩を投稿していたのだ。

  「ちょっと寂しい位の方が 人懐こくなれるのかもね ちょっと悲しい位の方が 人に優しくなれるのかもね
  苛立ちの矛先の矢が 呆気なく折られるよ 邪な心が呆気なく 吸い込まれるよ
  そんな方達にお裾分け 絆創膏と排水口
  この風景とこの音楽で 今日の1日を変えてみるよ
  あけましておめでとうございます」

 散文詩に新年のあいさつを添えたツイートには、ファンから「寂しい人って多いよね」「吉高さんのそうゆう考え方、感じ方大好きです」(原文ママ)といった絶賛が殺到していた。

人生の節目を詩で表わしている?

 前述の詩以外にも吉高さんの詩がファンの耳目を引いたことがある。2016年5月26日夜には1か月ぶりにツイッターを更新し、

  「このひと月色んなことがあって 何を言葉にして発信していいか
  時間が流れて進むのが 一歩遠くから感じるような
  迷ってた悩んでた願ってた 考えてた想ってた 祈ってた思い出してた
  真摯に向き合う心の約束を これから進む自分にしよう」

という詩を、多数の火がつけられたろうそくが写った写真と共に発表。詩の内容と写真から、同月12日に亡くなった演出家の蜷川幸雄さん(享年80歳)を追悼する詩ではないかと話題になった。吉高さんは蜷川さんが監督を務めた映画「蛇にピアス」で映画初主演を務めており、そのことを知るファンからは「蜷川さんとの心の約束を胸に これから進んでいくのかな」などのリプライが寄せられた。

 詩の内容の真意は吉高さんのみぞ知ることだが、これらの詩が発表された詩の時期が時期だけに、気になる符合ではある。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

【関連記事】

  • 池上彰氏、疑惑に「あってはならないし、ありえない」 「他人の意見を自分の意見に...」主張へ反論
  • 吉澤ひとみ「酒乱癖」周囲も心配 さんま「タチ悪い」ミキティ「酔ったらひどい」
  • 宮川紗江、会見の「重大疑問点」 速見コーチを引き合わせた人物が指摘
  • 「顔採用は存在する」 テレビ番組の実験結果に賛否両論
  • 『秋葉原事件』加藤智大の弟、自殺1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」
一致