清水健太郎 三田佳子の次男4度目逮捕に「愛するものがなかった」

清水健太郎

 歌手の清水健太郎(65)が12日放送のTBS系「ビビット」にVTR出演し、女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤使用の疑いで逮捕された事件に言及。高橋容疑者が再び覚醒剤に手を出した心境を語り、三田へメッセージを送った。

 過去に違法薬物、大麻、覚醒剤使用で6回逮捕された清水は、高橋容疑者の4度目の逮捕に「しゃあないよね。3回あることは4回ある。依存症という病気ですよ」とバッサリ。再び覚醒剤に手を出したことに「やめるという意志は固いんだけど、そこにヒビが入る。男女の関係とかビジネスの失敗とか、(人生で)耐えられなくなったときに、(昔の仲間から)電話がかかってきて、みたいな」と、肉体的精神的に弱っているとき、誘いに乗ってしまうと話した。

 清水によれば、覚醒剤を使用すると「元気になる。疲労がポン!」と気分が高揚し疲労感が消えるが、クスリが切れると「急激な疲労感に襲われ、大量のクスリが欲しくなる」と“負のスパイラル”に陥るという。

 現在、「覚醒剤を一切使用していない」と言い切る清水。「うちの妻に『私と覚醒剤どっち取る?』『ドラッグ取るんだったら私は帰る』と言われ、『お前を取る』と答えた」。清水は守るべきものができて、覚醒剤を克服できたと打ち明け、妻に感謝。高橋容疑者については「愛するものとか守るべきものとかが、なかったんだなと思います」と話した。

 三田は11日、報道各社にあてたファクスで「親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償なって、生き抜いてもらいたいと思います」と、息子を見放すようなコメントを発表した。清水は「お母さんもそう! 奥さんもそう! お父さんもそう! 子供もそう! 友だちもそう! 支えていかなきゃ。目で見張っていかなきゃ」とアピールした。

 これまで三田は何度も謝罪し、高橋容疑者の更正を口にしてきたが、清水によれば「伝わっていないんですよ」と今後も見張っていくことが必要と強く主張する。「みんなで支えてくれてるんだと分かったときに(覚醒剤を)やめますよ」と家族総出でのサポートの大切さを訴えた。

【関連記事】

  • 三田佳子 次男・高橋祐也容疑者逮捕に「親としては、もう力及ばずの心境」
  • 三田佳子の次男・高橋祐也容疑者が覚醒剤で4度目の逮捕
  • たけしが明かした松方弘樹さん「豪快秘話」
  • 梅宮辰夫 松方さんに呼びかけ「来週宮古島に行く。お前もついて来い!」
  • 清水健太郎 、 三田佳子 、 高橋祐也 を調べる
次男4度目逮捕