三代目JSB山下健二郎、EXILE HIROに映画化を直談判「言えば夢は叶うんだなと実感」

『DTC -湯けむり純情篇-from HiGH&LOW』公開直前イベントに登壇した(左より)佐藤大樹、佐藤寛太、山下健二郎、ダチョウクラブ(C)Deview

 『HiGH&LOW』シリーズの最新スピンオフ映画、『DTC -湯けむり純情編- from HiGH&LOW』の公開直前イベントが、10日に都内で行われ、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、佐藤寛太(劇団EXILE)、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)が登壇した。

【写真】山下健二郎と上島竜兵の公開キス

 映画、ドラマ、音楽、コミック、SNS、ライブ、テーマパークなど、様々なメディア展開で熱烈ブームを巻き起こしている総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH&LOW』。男たちの戦いと友情を描いた本シリーズは、ダイナミックな映像表現とアクションで熱い支持を獲得し、シリーズ累計興収60億円、観客動員450万人を突破。

 本作は、山王連合会のダン(山下健二郎)・テッツ(佐藤寛太)・チハル(佐藤大樹)の3人(通称:DTC)によるスピンオフ作品。喧嘩三昧の日々から解放され、退屈な毎日を送っていた3人による、心機一転、"アクションなし"の"純情"ムービーが完成。DTCの3人組が“バイク旅で巻き起こす奇跡の連続に、スカッと笑えてホロッと泣ける、のハートウォーミングな青春ドラマが描かれる。

 これまでDTCにフォーカスした作品としては、『HiGH&LOW THE BASE』のラジオ企画や、『THE MOVIE 2』公開時の『HiGH&LOW THE DTC』というショートコメディがHuluで限定配信されてきたが、今回、満を持しての映画が完成。

 山下は「DTCというグループが出来て、"何か一つ大きな夢を掲げて、その目標に向かって頑張っていくほうが、モチベーション上がらない?"っていう話をしていて。"最終目標は映画にしよう"ってみんな口々に言っていたんです」と明かし、「ラジオドラマから始まって、配信ドラマを撮って、いよいよ映画化を狙えるかもっていうところで、協力してくれる人も増えて、こうして一つの形になった。僕らも初号試写を観させていただきましたが、感動しました。言えば夢は叶うんだなっていうのを実感しました」と喜びを噛み締める。

 映画化に関しては、同シリーズの企画・プロデュースを手掛けているEXILE HIROに直談判したそうで、「会食のときに、山下が"アホな顔"をしまして。『あの~、DTCで映画どうですかね?』って言ったら、『いいじゃん』という一言をいただきまして。そこからはスピーディーに話が進んでいきました」と振り返る。

 大樹は「僕らからしたらけっこう早く、映画化か!って感じでした。だって、スピンオフで言ったら、雨宮兄弟(『HiGH&LOW THE RED RAIN』)の次がDTCですからね。申し訳ない(笑)」と話すと、寛太も「テイストが違いすぎるからね」と苦笑い。しかし、大樹が「でも、やっと気づいたかと。日本テレビさん、松竹さん、この3人ですよ!!」と猛アピールすると、山下も「カッコ良くて強い時代はもう終わり。面白くてコミカルに動ける奴がこれからは売れる時代ですよ!」と場内に呼びかけ、笑いを誘っていた。

 この日のイベントには、ハイロー界の愛されトリオDTCの3人に対し、日本を代表するトリオ・ダチョウ倶楽部がスペシャルゲストとして登場。山下が「大先輩ですから、今日はいろいろと勉強させてもらおうかなと思います」と目を輝かせると、「本当に思ってるのか?目が笑ってるんだよな」(寺門ジモン)、「何を勉強するの?(笑)」(肥後克広)とダチョウ倶楽部の二人からツッコミが入る。そして上島竜兵が「思ってもみないことを言うんじゃないよ!!」と山下に詰め寄ると、上島と山下とでお約束の"キス芸"を披露し、会場は悲鳴にも近い黄色い歓声に包まれた。

 上島が「事務所的に大丈夫? オレ、明日から干されたりしない?」と心配そうな顔を見せる中、山下は「めっちゃ唇柔らかい!」と感想を述べ、「上島さんとキスできて、むしろラッキー。なかなか経験できない」と笑顔を見せる。

 また、イベントではDTC vs ダチョウ倶楽部で"どちらの絆が強いか"の勝負を行うことに。まずは、出されたお題に対して3人の回答が揃ったら勝ちというクイズを実施。「この夏、3人で過ごした一番の思い出」というお題に対し、DTCチームは3人とも「高知での旅ロケ」と回答。山下は「映画の撮影中は、通いだったので温泉にも入れなくて、旅館にも泊まれなかったので、3人で旅行っぽいことやりたいねと話していたら、ロケを組んでいただいて。つい先日、3人で高知県に行って旅をしてきました」と告白。ほかの2人も「めちゃくちゃ楽しかった」と笑顔で振り返った。一方のダチョウ倶楽部も「志村けんの舞台」と3人とも同じ回答で、1つ目のお題はドロー。

 2つ目のお題は、映画のタイトルにちなみ、「リーダーの純情な一面」。DTCのリーダー山下に対して、大樹は「DTCのグループLINE」と回答。理由については(山下が)スタッフさんたちが一番疲れているから、俺たちは台本をきっちり覚えて本番もなるべくミスなく集中してやりきろうっていうのを、ほぼ毎日送ってくださって、頼もしいリーダーだなっていう印象」と明かすと、寛太は「裏・表がないところ」とコメント。しかし、山下本人は「バス釣り愛」と回答し、ダチョウ倶楽部からは「いい話だけど、二人のことはなんとも思ってないよ!!」と突っ込まれてしまう。

 そして、ダチョウ倶楽部もこのお題の回答は揃わず、クイズの対決は引き分けという結果に。続いての最終対決は、劇中でDTCが温泉街の旅館で住み込みのバイトをするという内容にあわせ、布団早敷き対決を行うことに。布団が運びこまれると、寛太は入念にチェックし、山下と大樹も履物を脱ぎ、本気モードに突入。両者ともに掛布団のカバーに苦戦しつつも、3人で協力して布団をセッティング。客席の判定により、より綺麗に早くセットしたDTCが見事勝利を収めた。

 最後に山下は、「座組のみんなで、この映画を良くしたいという一心で撮った映画です。僕たちの想いでいっぱいですし、熱い想いでこの映画が完成しました」と述べ、「絆だったり、家族愛だったり、いろんな愛が詰まった映画です。家族、好きな人、友達と一緒に観に来ていただけたら嬉しいです。引き続き、応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 『DTC -湯けむり純情編- from HiGH&LOW』は、9月28日(金)より3週間限定で全国公開される。なお、オーディションサイト『Deview/デビュー』では、本作でダンを演じる山下健二郎のインタビューを近日公開予定。

【関連記事】

  • 舞台『八王子ゾンビーズ』が幕開け、三代目JSB・山下健二郎の座長っぷりを鈴木おさむも絶賛
  • 佐藤大樹×増田俊樹がW主演を務め”逆2.5次元”に挑む 舞台「錆色のアーマ」が幕開け
  • 佐藤寛太(劇団EXILE)『イタズラなKiss』初の映画化への想い
  • 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、“逆2.5次元”プロジェクト作品「錆色のアーマ」に挑む
  • 白濱亜嵐×佐野玲於インタビュー/『HiGH&LOW』シリーズ映画最新作
直談判