「私生活でもアリをリスペクト」 映画「アントマン&ワスプ」主演のポール・ラッドが注目ポイントを紹介(ねとらぼ)

インタビューに応じてくれたポールさん「見てね!」

 体長1.5センチの最小・最強ヒーローが活躍する映画「アントマン&ワスプ」が8月31日に公開され、来日したアントマン役のポール・ラッドさんが作品の見所や、「アントマンになってから自分の中で変わったこと」などを語ってくれました。

【画像で見る:アントマン&ワスプ】

「アントマン&ワスプ」のストーリー

 前科持ちの主人公、スコット・ラング(演:ポール・ラッド)が偶然“アントマンスーツ”と出会ったことから、身長1.5センチのヒーローとして活躍する作品「アントマン」。今作では、ホープ・ヴァン・ダイン(演:エヴァンジェリン・リリー)も“ワスプスーツ”を身にまとい、女性ヒーロー「ワスプ」として強敵に立ち向かいます。

 物語は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」参戦の影響で自宅に軟禁状態のスコットが、ホープに突然連れ去られるところからスタート。「ゴースト」と呼ばれる謎の敵が、アントマンスーツの秘密が隠されている“研究所”を狙っているというのです。スコットはホープと協力して研究所を守り抜けるのか、スリリングでコミカルな演出がジェットコースターのように展開していきます。

 ポールさんは、8月下旬にエヴァンジェリン・リリーさんらとともに来日。8月31日公開の記事前編ではペイトン・リード監督のインタビューを取り上げました。今回はポールさんのインタビューをお届けします。

・インタビュー前編:「スーツはウルトラマン、巨大化はゴジラを意識」 映画「アントマン&ワスプ」のペイトン・リード監督、特撮好き歓喜の撮影秘話語る

「本当にアリをリスペクトするようになった。絶対に殺しません……!」

 今回が2回目の来日となるポールさん。「大ファンなので緊張しています」とあいさつすると、「ポールです。僕の方がきっと緊張しています!」とユーモアを交えながら朗らかに迎えてくれました。

――まずは「アントマン&ワスプ」の制作が決まったときの率直な感想を教えてください。

ポール:本当にワクワクしました。1本目を作っているときも最高だったんですけれども、本作を作っているときはさらに最高でした。3本目もできると良いんだけどな~と思っています(笑)。

――アントマンになってから、変わったことはありますか。

ポール:子どもたちからはもちろん、周囲からも「アントマンだ!」と言われることが多くなりました。そうしたファンとお話しするのはとても楽しいです。自分の中で変わったことは「アリに対するリスペクト」です。もし家のなかにアリが入ってきても決して殺さず、彼らの邪魔をしないようになりました。

――本作でもスコットは娘のキャシーを心の支えにして戦っていますが、ポールさんは何を支えに撮影に挑みましたか。

ポール:やはり家族です。撮影をするときは家から離れたところで仕事をしなくてはいけないのですが、妻や子どもが僕を支えてくれて、僕の仕事を応援してくれているので、離れていてもそんなに罪悪感がありません。また毎週末、撮影がお休みになるのですが、その時にはなるべく家に帰っています。ただ行ったり来たりは結構大変でした(笑)。

――先ほどリード監督にインタビューした際に、「ウルトラマンとゴジラをリスペクトして撮影をした」というお話を伺ったのですが、大きくなったり小さくなるアントマンを演じる際に意識された点はありますか。

ポール:大きくなったときはゆっくり動くようにしていました。大きくなった際にはその質量があまりにも大きくなってしまうということで、どんどんそれに引きずられていってしまう、というように演じました。

――アクションシーンも満載でしたが、撮影に苦労したシーンがあれば教えてください。

ポール:学校のシーンです。身長が60センチぐらいに縮んでしまったスコットが、パーカーを着て移動する場面があるのですがあれは大変でした。僕は身長が縮んでいるけれども、ホープは普通のサイズなので、一緒に撮影することができず、お互いのシーンを別々に撮って合成することになったため、1週間くらいはかかりましたね。でも一生懸命ジャンプしてもギリギリ届かない高さのドアノブや、開けるのに一苦労なリュックサック、超巨大なトロフィーなどを本当に作って、僕が60センチぐらいに見えるようにしたのは、面白かったです。

――ポールさんは脚本の執筆にも参加されていますが、この作品特有のユーモアはどうやって生まれていると思いますか。

ポール:テーマ自体は普遍的で、ボーダーレスなものです。親は子どもたちにとっていい親でありたいし、子どもたちは親に誇らしく思ってもらいたい。そういった普通の家族が、全く普通ではない状況に置かれたときに起きるユーモアというのがこの作品の笑いなのではないかと思います。

――最後の質問です。前作では「きかんしゃトーマス」が、本作では「ハローキティ」が巨大化したのが日本のファンの間でも大きな話題になりました。次回作があるとすれば何を大きくしたいですか。

ポール:良い質問ですね。小さなおもちゃが脅威になるようなものになるっていうのは面白いですよね。(しばし考えて)いくつかアイデアはあって、中でも1つは本格的に考えているのですが……サプライズにしたいので秘密にしておこうと思います。ごめんね……!(笑)

 映画「アントマン&ワスプ」は、8月31日全国公開。エキサイティングなアクションシーンに加え、童心に帰れるような演出が盛りだくさんで、思わず声に出して笑ってしまうような楽しい場面が満載です。老若男女を問わず楽しめる作品となっていますが、特に特撮好きの方にはかなりオススメの一本といえるのではないでしょうか。

 また新宿バルト9では9月6日まで、9月8日からはユナイテッド・シネマ豊洲にて文房具で作品の世界観を再現したミニチュアアートが展示中。ホッチキスの芯で作られた構想ビル群に、マグネットで作られた街路樹、リングノートで作られた街並みなど、非常に繊細な作品となっているので、映画と合わせて世界観を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(C)Marvel Studios 2018

ねとらぼ

【関連記事】

  • 映画「アントマン&ワスプ」の世界を文房具で表現! ミニチュア写真家・田中達也の作品制作に密着
  • ポールが折れてる……?→よく見たらアントマン戦闘中 ストリートに出現した小さなバトルにマーベル公式が思わず反応
  • 「過去のレガシーを受け継ぎ、新しい扉を開く」 J・A・バヨナ監督『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を語る
  • 「平手さんも響も、ウソがつけない人」 漫画『響 ~小説家になる方法~』作者が語る平手友梨奈と主人公の魅力
  • 映画「カメラを止めるな!」パクリ疑惑に公式が反論 「『パクった』といった事実は一切ございません」
amp