中山優馬が華麗なギターの弾き語りを披露!「絵になる!」とピーコも絶賛

9/5(水) 7:00配信

「ピーコ&兵動のピーチケパーチケ」でギターの弾き語りを披露する中山優馬

ピーコ、兵動大樹、桜 稲垣早希、中山優馬、川島壮雄カンテレアナウンサーが、注目のエンターテインメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報を痛快なスタジオトークとともに紹介している情報番組「ピーコ&兵動のピーチケパーチケ」(カンテレ、毎週水曜夜1:25-1:55)。

【写真を見る】ピーコも大絶賛!中山優馬が華麗な弾き語り

 9月5日(水)放送では、9月14日(金)から大阪で始まる中山優馬主演の舞台「ローリング・ソング」を紹介する。中山優馬&松岡充&中村雅俊のトリプル主演の音楽劇で、作・演出を鴻上尚史が手掛け、作詞・音楽監修には森雪之丞と超豪華ラインナップの話題作。中山が演じる“夢におびえる”20代のミュージシャン、松岡が演じる“夢をあきらめた”40代のビジネスマン、中村が演じる“夢を掴もうともがく”60代の結婚詐欺師といった、夢に翻弄される三世代の男たちの物語だ。

番組では大阪に先駆けて行われた東京公演の映像も交えて、中山が共演者の裏話をたっぷりお届けする。松岡については「ライブにも行かせていただいたことがあるんですけど、松岡さんはライブのときの歌い方と、お芝居の中で役としてセリフの延長で歌を伝えるのとは、まるで違う歌い方。音楽を知り尽くした人の歌い方っていう感じで、やっぱりすごいですね!」と絶賛。中村ついては「めちゃめちゃ優しくて全然飾らない。後輩の僕らにも“失敗しちゃったら助けてね”って言ってくださるので、そう言われたら、めちゃめちゃ頑張りますよね」とニッコリ。兵動が「一個だけ聞いていい?雅俊さんが間違えるかもしれないけどって言うて、ほんまに間違えたことはないの?」と聞くと、「めっちゃあります(笑)」と中山。「あんのかい!かわいい(笑)」と兵動がツッコみ、「そこがいいんです! 雅俊さんガチで言うてただけなんやって(笑)」と中山が返し、スタジオは大爆笑。

また舞台の見どころの一つに、中村の往年の名曲「あゝ青春」を中山と二人で歌い上げるシーンがあり、「雅俊さんは43年ぶりに『あゝ青春』を歌っていて、僕と雅俊さんも43歳差で。43年ぶりに43歳差の僕と二人で歌ってるんです。僕の今の年齢(24)のときに歌われていたんですね」と感慨深げな中山。「優馬くんが自分のお芝居を語ってるの見て、“やだ~大人になったのね優馬くん”って思っちゃった。やってきている積み重ねって顔に出てるよね」とピーコも中山の成長を喜んでしみじみ。

そして今回の舞台で初挑戦となる中山のギター演奏も見どころ。これまで全くギターをやったことがなかったという中山は、舞台で初披露するためゼロから挑戦し、1か月半の短期集中で猛特訓。稽古中も毎日、稽古場でギターを練習し、中村や松岡からも指導を受けて、本番に備えて努力を積み重ねてきた。

すると、「こんなところにギターが!」の桜 稲垣早希からのムチャぶりを受けて、スタジオで中山が生演奏することに。舞台で実際に演奏している劇中歌「歪む町」をギターの弾き語りで披露! 「すご~い!」とピーチケメンバー大拍手で、「絵になる!」とピーコも絶賛。中山は「ギターを本当に毎日頑張っております。ギターを弾く前のシーンで、舞台袖でスタッフさんがティッシュを持ってきてくれて手汗をふくというのがルーティンになりました(笑)。スピーディーな舞台で本当に素敵な作品ですので、素敵な2時間半を絶対にプレゼントしますので劇場にいらしてください!」と意気込みを語った。

さらに9月5日(水)放送では、大阪・中之島で開催中の話題のサーカス・エンターテインメント「キュリオス」のバックヤードにピーコ&兵動が潜入し、オンリーワンの衣装やセットなど貴重すぎるヒミツの舞台裏を紹介。 “桜 稲垣早希の自由研究 勝手にリサーチ”のコーナーでは、稲垣がキュリオスの座席選びの意外でお得なポイントを紹介する。 

(ザテレビジョン)

ザテレビジョン