「高崎グラフィティ。」“まんま高校生”のノリで“青春”の感動作に

5人の男女の若者の姿を描いた映画「高崎グラフィティ。」に出演する佐藤玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴

群馬の高崎市を舞台に、未来への夢と不安を抱えて生きる、5人の男女の若者の姿を描いた映画「高崎グラフィティ。」(全国順次公開中)。

【写真を見る】萩原利久に「女子はとげとげしてる」と言われた美紀(佐藤玲)&寛子(岡野真也)

高校を卒業したばかりの幼なじみ・美紀(佐藤玲)、優斗(萩原利久)、寛子(岡野真也)、直樹(中島広稀)、康太(三河悠冴)を演じた5人の座談会を緊急開催。劇中同様に仲が良い5人に、それぞれの役どころやみんなで濃密な時間を過ごしたという“高崎ロケ”の思い出など語ってもらいました。

――まずは、自分が演じたキャラクターの印象からお願いします。

佐藤:美紀は、対人関係が上手くない子。自分のやりたいことを頑張るっていうことしか頭にない。高校時代も、あまり楽しい時間を過ごしていなかったのかもしれないですね。でも、物語が進むにつれて、美紀の明るさが少しずつ出てきたのかなと思っています。

萩原:優斗は、一番高校生らしいのかなって思いました。言いたいことを言えずに、自分の中で溜め込んでしまう。考えていることも意外と子供っぽいし(笑)。個人的には制服を着ているシーンが好きです。

岡野:寛子は、何事にも真正面からぶつかることができる女の子。女子の輪の中にいてどっちつかずの美紀に対しても、女の子のグループの方にも気を遣うし、彼氏ともしっかりと向き合う勇気を持っている。高崎にしかいられないと思っているけど、そんな毎日の中で自分らしく過ごそうと努力しているところは好きですね。私とは正反対。監督からも「寛子の役は岡野に合うとかではなくて、岡野がやったら面白いかなと思って選んだ」って言われて(笑)。自分とは全然違うからこそ、客観的に見ながら演じようかなと思いました。

中島:直樹は、陽気な性格で凄く優しい。どんなときも相手を気遣ったり、人の目を気にしながらしゃべっているタイプ。

三河:康太は決していじめられているわけではないんですけど、みんなからイジられるというか…、そういう人ってクラスにいますよね?

中島:いるね(笑)。

三河:意外と人のことを気にするというか、優斗や直樹に対してもそうだし、この辺(女性陣のこと)も…。

佐藤:この辺?(笑)

三河:いや、そういうことじゃなくて(笑)、佐藤さんや岡野さんとかにも、あ、違う、美紀や寛子とかにも優しかったりして。

萩原:ホント、優しいよね。

三河:そういう情みたいなものを持っているところが好きです。

■ 寒さを和らげてくれた“あずきミルク”

――全編にわたって行われた高崎ロケの思い出は?

佐藤:とにかく、寒かったです。カイロを体中に貼っていました(笑)。

岡野:最初に思い出すのは寒いってことかも(笑)。

佐藤:風も強かったよね。

岡野:群馬県特有の風が。

――からっ風ですか?

岡野:撮影中は1、2回ぐらいしか吹かなかったからよかったですけど。

萩原:ずっと寒かったですからね。

岡野:利久は、一番寒かった日にケータリングで来ていた「カフェカー」によく行ってたよね。

佐藤:あずきミルクだっけ?

萩原:そうです。すごく美味しかったんですよ!

中島:あれは、めちゃくちゃ美味かった。

三河:そういえば、あったね。

――三河さんはハマらなかった感じですか?

三河:甘いもの、あまり好きじゃないんです。

一同:(笑)。

岡野:利久はニコニコしながら飲んでいたよね。

萩原:みんなに勧めたんですけど、あまり乗ってこなかったんです。

佐藤:美味しいけど、一口飲めば十分満足。

岡野:そうだね(笑)。

三河:俺はどっちかって言えば、しょっぱいものが好き。

一同:(笑)。

三河:朝早く起きて撮った、川辺のシーンは印象に残っています。まだ、暗い中をみんなで歩いたりして。

中島:あのシーンのスタンバイは早かった。

三河:朝の3時とかだったから。

佐藤:朝早かったり、夜も遅くまで撮影したり、結構ハードでしたけど、みんなのテンションの高さに助けられた部分はありました。

中島:とにかく、三河悠冴くんのキャラが強くて(笑)。本番前に笑わせようとするんです。

三河:それは、俺発信じゃないんですよ。

萩原:三河さんは普通のことを直前にボソッと言ったりするんですよ。

岡野:小さい声なんだけど、意外と耳に入ってくるんだよね。

中島:モスキート音(笑)。

三河:俺、蚊なの?(笑)

岡野:聞こえる人には聞こえるのかも。

■ 相談相手は全員一致で、岡野真也

――笑わせようとしているという自覚はあるんですか?

三河:ないです。無意識ですね。

佐藤:それ、問題だよ(笑)。

中島:確かに(笑)。

――映画の中では、どのキャラクターもいろんな悩みを抱えていましたが、もし何かを相談するとしたら、この5人の中で誰がいいですか?

萩原:女性側の意見を聞いてみたいですね。

佐藤:え? それは、真也ちゃんだよ(笑)。

岡野:(笑)。私も、玲ちゃんかなぁ。

中島:僕も真也ちゃんかな。

岡野:それは、私として見ているのか寛子なのか、どっち?

中島:真也ちゃん! 頼りがいがあるから、真也ちゃんに聞けば何とかなりそう。

佐藤:この5人の中で一番しっかりしているし、ちゃんとしているもんね。

岡野:そんなことはないですよ。

佐藤:お芝居をしているときも頼っていたし、任せっきりでした(笑)。

――みんなから頼られているなという自覚はありましたか?

岡野:全くなかったです。でも、初対面の人に人生相談をされたことはあります。

――それは、すごいですね。

岡野:1時間ぐらい同じ空間にいたような人から、帰り道で急に相談されました。

中島:自分の事のように一緒に悩んでくれそうだもんね。

萩原:誰か、僕に相談してくれる人はいませんか(笑)。

■ あのノリについていけば何とかなると思えた

――そういう立候補もありかもしれませんね(笑)。

萩原:僕は誰でもいいですね。劇中では同い年という設定でしたけど、実際は皆さんお兄さん、お姉さんですから。あ、三河さんだけは、ちょっとないかな…。

三河:いや、待ってくれよ!

一同:(笑)。

萩原:三河さん以外だったら、ある程度は話せそうな気がします。三河さんは、真剣に聞いてくれないんじゃないかなって思っちゃう(笑)。

三河:めちゃくちゃ真剣だよ、そういう時は。俺は、全員に相談すると思います。これといって、相談することはないですけど(笑)。

中島:何でも自分で解決するってこと?

三河:いや、解決できない(笑)。とにかく、頼りがいのある女性陣にいつも助けらていました。

萩原:男3人が集まっちゃうとダメですよね。

佐藤:それに、プラス川島(直人)監督の4人ね(笑)。

中島:4人のノリは、まんま高校生。

岡野:でも、すごく楽しそうだった。何か悩んでいても、あのノリについていけば何とかなるんじゃないかなって思えた気がします。

三河:いい現場の空気を作りました(笑)。

中島:そのおかげか、自然に出るセリフが多かったですね。

萩原:僕もそう思いました。

――ちなみに現場のムードメーカーは?

岡野:一番の元気印は利久くん。

佐藤:朝から元気だったもんね。

中島:ムードメーカーは、やっぱり…。

萩原:三河さんですかね。エンジンがかかるとすごいんです。

三河:俺は、そのエンジンの意味が分からない(笑)。

――では、最後に作品の見どころをお願いします。

萩原:ここは、ムードメーカーが行きましょう!

三河:いや、それは待ってください。俺一人じゃなくて、みんなも見どころを語った方がいいと思うんですよ。とりあえず順番に言っていくということで。

一人ひとりの中にある忘れかけていた出来事や頭の片隅にあったような記憶が、この作品を見ることでよみがえってくる。そんなすてきな映画だと思います。ぜひ見てください!

岡野:素晴らしいコメント!

中島:見事に締まったね。

萩原:さすが、ムードメーカー。

三河:みんなも言うんでしょ?

佐藤:私たちが思っていたことを全部言ってくれたから大丈夫!

三河:え、ホントに終わり?

――ありがとうございました!

一同:ありがとうございました!(笑)

(ザテレビジョン)

ザテレビジョン